2022注目の投手

佐竹剛義(横浜)は球速に期待|横浜都筑シニア出身の大型左腕

横浜都筑シニアの主力で活躍し、2020春からは神奈川の名門・横浜高校に進路をとった佐竹剛義投手。

身長180cm超の恵まれた体格を活かし、力のあるストレートを投げる本格派左腕です。

スケールの大きさで早い時期から将来有望と見られていた投手で、中学でも進路が注目されていたピッチャーの一人でしたね!

横浜高校でも投手陣の一角を担う逸材として活躍が期待されている、佐竹剛義投手を特集していきましょう。

参考:横浜高校の2020新入生は?メンバーは注目選手がズラリで期待大!

佐竹剛義の中学時代は横浜都筑シニア出身

左投げ左打ちの佐竹剛義投手は中学時代、硬式野球チームの横浜都筑シニアに所属していました。

当時からチームの中でもひと際身長が高く、恵まれた体格を生かしたプレーでチームの中心で活躍。

全国大会などの目立った成績こそなかったものの、中学3年時にはエースとしてチームを牽引していました。

2020秋からは横浜高校で1年からベンチ入りを果たしていますし、当時から光るものを見せていたことは間違いありません。

体格的にもこれからといった投手ですから、今後の成長に注目していきたいところですね!

Sponsored Link

横浜・佐竹剛義は球速に期待の大型左腕

2020秋からベンチ入りを果たすなど投手陣の一角として期待されている佐竹剛義投手ですが、ストレートの球速には大きな期待が集まっています。

身長は183cmと長身である一方で、まだまだ身体の線が細く映る選手。そのため身体が出来てきたときには、今より球速が格段に伸びてくることは間違いないでしょう。

183cmの長身から投げ下ろす角度も大きな武器になっていますし、手元で伸びるボールには大いに期待したいところ。

力のあるボールを投げられるピッチャーだけに、佐竹剛義投手の成長からは目が離せません。

横浜の同世代では中学時代に全国を経験している田高康成投手をはじめハイレベルな投手が揃いますが、ともに横浜の投手陣を引っ張る存在として注目していきたいですね!

参考:田高康成(横浜)は完成度に注目|中学は中本牧シニアで全国の敢闘賞

Sponsored Link

佐竹剛義は変化球も横浜高校の武器に

佐竹剛義投手は力のあるストレートだけでなく、キレのある変化球も大きな武器になっています。

中でもスライダーのキレは抜群で、中学時代から多くの空振りを奪っている球種です。

しっかりと腕を振って投げることができていますし、左バッターに対しては外に鋭く逃げていくボール、右バッターに対しては内に食い込んでくるボールとして非常に有効な球種になっていますね…!

変化球でもカウントを取れるようになってくると投球の幅も広がってくると思いますし、2020ドラフト注目の松本隆之介投手のようにワンランク上のレベルの投手になれるのではないでしょうか。

変化球を見せることで自慢のストレートもより威力を発揮しますから、変化球の精度を磨きつつ、さらなるレベルアップを目指してほしいところです!

参考:松本隆之介(横浜)がドラフト上位と注目される球速以外の理由とは

Sponsored Link

佐竹剛義は横浜高校での覚醒にも注目

1年の2020秋からベンチ入りを果たし、横浜の投手陣の一角で活躍が期待されている佐竹剛義投手。

長身から投げ下ろすストレート、キレのある変化球ともにレベルの高いボールを投げている投手です。

183cmと体格的な伸びしろも十分ですし、今後どこまで成長を遂げていくのか非常に楽しみですね…!

最速140キロを超えてくる可能性も十分にある投手ですし、スケールの大きな左腕となって横浜高校を引っ張ってくれるでしょう。

次期エース候補と目されている安藤岳投手らと共に、2022ドラフトでも名前が上がるような全国区の選手への成長に期待です!

参考:安藤岳(横浜)は球速に注目|武蔵府中シニアのエースは高校でも期待

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック