2022注目の投手

田高康成(横浜)は完成度に注目|中学は中本牧シニアで全国の敢闘賞

中学時代には強豪・中本牧シニアでエースを務め、2020春からは横浜高校に進路をとった田高康成投手。

直球・変化球ともにコントロールよくコースへ投げ分け、完成度の高さが光る注目の右腕です。

小学では横浜ベイスターズジュニアに選出されたほか、中学時代にはジャイアンツカップに出場するなど、全国の大舞台も何度も経験している投手なんですよね…!

横浜でも投手陣の一角と期待される、田高康成投手を特集してきましょう。

参考:横浜高校の2020新入生は?メンバーは注目選手がズラリで期待大!

田高康成は小学で横浜ベイスターズジュニア出身

右投げ右打ちの田高康成投手は、地元の少年野球チーム・武山パワーズで野球を始めました。

小学生ながら最速113キロのストレートを武器にエースとして活躍し、打っても中軸を務める活躍を見せていました。

当時から身長171cm・体重70kgと、恵まれた体格でもひと際目立った存在でしたね!

小学6年時には厳しいセレクションを通過し、横浜DeNAベイスターズジュニアのメンバーにも選出。

NPBトーナメントではベイスターズジュニアが優勝を飾り、初優勝のメンバーとなりました。

このときのチームメイトには同じく横浜高校に進路を決めた堂上翔選手もいましたから、高校でも共に中心選手となって引っ張ってほしいものです…!

参考:堂上翔(横浜)はセンス抜群|中学で東日本選抜の俊足巧打に注目

Sponsored Link

田高康成の中学時代は中本牧シニアでエース

小学生の頃から恵まれた体格で注目を集めていた田高康成投手は、中学への進学後は硬式野球の強豪・中本牧シニアに所属。

中学1年時からリリーフで登板するなど早い時期から頭角を現し、ベイスターズカップの優勝にも貢献していました。

さらに中学3年時には中本牧シニアのエースに成長し、チームを日本選手権ベスト4に導いたほか、ジャイアンツカップへの出場も果たしていますね!

日本選手権では敢闘賞も獲得するなど、強豪チームのエースとして進路が話題になっていたのも納得です。

Sponsored Link

横浜・田高康成は完成度の高さに注目

横浜高校でも期待がかかる田高康成投手ですが、注目したいのが完成度の高さです。

ストレートとカーブを中心とした投球の組み立てで、中学時代から三振を狙えるピッチングは光るものがありました。

1つ1つのボールはもちろんのこと、味方のミスに動じないハートの強さも魅力ですね!

『第10回林和男旗杯東北45周年大会』の決勝・取手シニア戦では、七回に味方が連続エラーをした場面でも、自ら崩れることはなくしっかりと後続を打ち取りました。

並の投手ならバタバタと崩れてしまいそうな局面でしたが、この辺りの精神的な強さも投手として見逃せないポイントでしょう。

同じく強豪中学でエースを務めていた安藤岳投手とは、高校で切磋琢磨しながら強力な投手陣を形成してほしいものです!

参考:安藤岳(横浜)は球速に注目|武蔵府中シニアのエースは高校でも期待

Sponsored Link

田高康成は横浜投手陣の軸になってほしい

中本牧シニアのエースとして活躍し、小中学時代から大舞台を経験してきた田高康成投手。

横浜高校でも活躍が期待される投手ですが、球数制限が導入されることを考慮すると継投は必至。

トーナメントを勝ち抜くためには軸となる投手が複数必要になってきますから、田高康成投手も横浜の投手陣に欠かせない存在となっていくでしょうね!

横浜ベイスターズジュニア、中本牧シニアとチームメイトだった玉城陽希選手も横浜に進路を決めていますし、横浜でも黄金バッテリーとして活躍に期待したいところ。

高校での成長にも期待しつつ、ポテンシャルを存分に活かしてマウンドで躍動してほしいものです!

参考:玉城陽希(横浜)は強肩強打|中学日本代表は抜群の捕手センスに注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック