2022注目の内野手

板倉寛多(横浜)は俊足巧打|中学は戸塚シニア出身の注目内野手

中学では戸塚シニアの主力で活躍し、2020春からは強豪の横浜高校に進路を決めた板倉寛多選手。

打撃ではシャープなスイングで左右にヒットを放ち、高い身体能力でも注目を集めている内野手です。

2020秋からは1年生ながら横浜でレギュラーの座を掴み、今後の活躍にも期待のかかる板倉寛多選手を特集していきましょう。

参考:横浜高校の2020新入生は?メンバーは注目選手がズラリで期待大!

板倉寛多の中学時代は戸塚シニアで先頭打者

右投げ右打ちの板倉寛多選手は小学生時代、ソフトボールのチームに所属していました。

小学6年時には金沢スターズの一員にも選出されて、主将として全国大会準優勝にも大きく貢献していましたね!

また中学への進学後は、硬式野球チームの戸塚シニアに入団。下級生から試合に出場し、早い時期からチームの中心で活躍していた板倉寛多選手。

一時は四番を任されるなど、戸塚シニアの強力打線を引っ張る選手の一人でした。

チームとしては全国大会の出場こそ無かったものの

  • 小田原足柄シニア杯連覇
  • クラストカップ神奈川大会優勝

などの成績を残しており、実力の高さは当時から際立つものがありましたね!

横浜高校でも1年の2020秋から背番号4でレギュラーを掴んで存在感を発揮していますし、これからの活躍に期待の選手です!

Sponsored Link

横浜・板倉寛多は打撃センスに注目

横浜高校でも成長に期待したい板倉寛多選手は、まず抜群の打撃センスに注目です。

シャープなスイングから高い打率を残せるタイプのバッターで、優れた対応力を持ち合わせた右打者。

広角に弾き返せるミート力も魅力で、中学時代の戸塚シニアでも不動の一番打者として活躍していました。

さらに外野の頭を越えるパンチ力も秘めていて、2019南関東春季大会・静岡裾野シニア戦では先頭打者でセンターオーバーの二塁打を放っていましたね…!

同世代には岸本一心選手をはじめ打力が自慢の選手が揃いますが、小技も使える板倉寛多選手はキーマンになれる打者といえるでしょう。

横浜高校でも上位打線を務める可能性は十分ですし、中心選手への成長が非常に楽しみです!

参考:岸本一心(横浜)は強打に注目|静岡裾野シニア出身の捕手は全国屈指

Sponsored Link

板倉寛多の身体能力は横浜高校の武器

攻守に光る俊足

打撃センスに注目が集まる一方で、高い身体能力でも目を引く板倉寛多選手。

まず注目したいのが戸塚シニア時代から武器になっている俊足で、守備では広い守備範囲でチームのピンチを救い、攻撃では次の塁を積極的に狙う走塁で貢献していました。

また選球眼が良い板倉寛多選手はフォアボールが多く、出塁機会も多いため、盗塁でのチャンス拡大にも注目したいところ。

横浜高校でも、板倉寛多選手の俊足は攻守にわたり大きな武器になっていくでしょう。

スローイングも抜群

俊足だけでなく、守備面でのスローイングも見逃せない板倉寛多選手。

ショートの守備では三遊間の深い位置から安定した送球を見せており、セカンドの守備も楽しみにしたいところ。

横浜高校の同世代では楽天シニア出身の金野佑楽選手もいますし、内野陣はこの先も強固になっていきそうですね…!

中学時代はショートが本職だった板倉寛多選手ですが、高校ではセカンドのポジションに就くなどユーティリティプレイヤーとして内野の要になってほしいです。

参考:金野佑楽(横浜)は強打に注目|攻守で魅せる楽天ジュニア出身野手

Sponsored Link

板倉寛多は横浜高校でも1年からレギュラー

中学時代は戸倉シニアの中心で活躍していた板倉寛多選手ですが、横浜でも1年の2020秋からセカンドのポジションでレギュラーの座を掴んでいます。

さらに同世代では中学日本代表に選出された玉城陽希選手がライトでスタメン出場するなど、横浜の2020入学世代には世代屈指の逸材が揃っているため今後の躍進が非常に楽しみです!

その中でも内野のレギュラーを掴んでいる板倉寛多選手には存在感を発揮してほしいですし、攻守で堅実な働きができるだけに横浜高校でも欠かせない存在になるのではないでしょうか。

板倉寛多選手の成長と横浜高校の名門復活に期待しつつ、引き続き応援していきたいと思います!

参考:玉城陽希(横浜)は強肩強打|中学日本代表は抜群の捕手センスに注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック