2022注目の内野手

金野佑楽(横浜)は強打に注目|攻守で魅せる楽天ジュニア出身野手

東北楽天シニアで中心選手だった金野佑楽(こんの ゆら)選手が、2020春から強豪・横浜に進路を決めました。

力強いバッティングを見せる一方で、守備面ではユーティリティプレイヤーとしても注目を集めています。

小学で楽天イーグルスジュニアに選出されたほか、中学時代には東北楽天シニアの主将を務めるなど、全国大会でも存在感を放っていましたね!

次世代の横浜高校を引っ張る存在としても注目を集める、金野佑楽選手を特集していきましょう。

参考:横浜高校の2020新入生は?メンバーは注目選手がズラリで期待大!

金野佑楽は小学で楽天ジュニアの主軸

右投げ右打ちの金野佑楽選手は、地元の軟式少年野球チーム・千厩少年野球クラブで野球を始めました。

小学6年時には東北楽天ジュニアのセレクションに参加し、多くの参加者の中から18人のメンバーに選出。

背番号8で臨んだNPBジュニアトーナメントでは楽天ジュニアの四番を務めるなど、この全国の舞台でも主力として活躍していましたね!

こうして厳選されたメンバーの中で主軸を務めているあたり、当時からセンスが光っていたことがわかります。

当時から地区では有名な強打者でしたから、高校での活躍は東北も沸きそうです…!

Sponsored Link

金野佑楽は中学時代にも楽天シニアの全国で敢闘賞

一関市立千厩中学校への進学後は、東北楽天シニアに3期生として入団した金野佑楽選手。

東北楽天シニアはプロ野球球団が日本で初めて保有・運営する中学生チームで、入団するためには選考会に参加して合格する必要があります。

その厳しい選考を通過したメンバーの中でも、金野佑楽選手は主力として活躍。

中学3年時には主将を務め、日本選手権ベスト8やジャイアンツカップ出場という成績を残しました。

ポテンシャルの高さは中学でも際立っており、日本選手権では敢闘賞を受賞するなど存在感を放っていましたね!

同じく全国大会で敢闘賞に輝いた中本牧シニア・田高康成投手も進路を横浜高校に決めていますから、高校ではチームメイトとして全国の高校野球ファンを熱狂させてほしいです…!

Sponsored Link

横浜・金野佑楽は打撃センスに注目

金野佑楽選手の武器は東北楽天シニアでも中軸を務め、抜群のセンスを発揮しているバッティングです。

身長175cm・体重79kgのがっしりとした体格でスイングも鋭く、ライナー性の打球を連発するバッティングは見ものですね!

ジャイアンツカップの東北予選決勝・南仙台戦でも三塁打を放つなど、東北楽天シニアの主軸を務めた打撃センスはダテではありません。

同じく横浜高校に進路をとった堂上翔選手もそうですが、この世代も横浜打線は楽しみな好打者が揃いますね…!

金野佑楽選手の高い対応力は、高校での更なる成長が楽しみです。

参考:堂上翔(横浜)はセンス抜群|中学で東日本選抜の俊足巧打に注目

Sponsored Link

金野佑楽は守備でも横浜の戦力に

センスが光るバッティングだけでなく、守備でも横浜の戦力として期待がかかる金野佑楽選手。

東北楽天シニアでは主に内野手として出場していましたが、試合状況によっては投手をこなすなどユーティリティプレイヤーとしても貴重な存在でした。

投手を務めていたこともあって肩も強く、スローイングの安定感も見逃せません。

世代屈指の捕手と注目を集める玉城陽希選手らと共に攻守の要になってくれるでしょうし、横浜の覇権奪還に向けてはキーマンにもなり得る選手です。

大舞台での経験も豊富な金野佑楽選手がいかに横浜で存在感を示していくのか、楽しみに追い掛けていきたいと思います!

参考:玉城陽希(横浜)は強肩強打|中学日本代表は抜群の捕手センスに注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック