2020ドラフト野手

長谷川勝紀(近江)はドラフト期待|強肩捕手はホームランも打てる

滋賀の強豪・近江で、1年の2018秋からベンチ入りを果たしていた長谷川勝紀(はせがわ かつのり)選手。

二塁送球タイムが2秒を切る圧倒的な強肩にホームランが打てるパンチ力を兼ね備える、強肩強打の捕手として注目を集めています。

中学時代は滋賀ユナイテッドJBoy’sで主力を任され、全国大会出場にも大きく貢献していましたね!

近江の2020ドラフト候補、長谷川勝紀選手を特集していきましょう。

参考:近江の2020新入生を特集!ハイレベルな注目選手をピックアップ

長谷川勝紀の中学時代は投手で全国出場

右投げ右打ちの長谷川勝紀選手は中学時代、軟式野球チームの滋賀ユナイテッドJBoy’sに所属していました。

中学3年時には投手を務めるなどチームの中心で活躍し、春の全国大会への出場も果たしています。

また投手だけでなく、主将としてもチームを牽引。抜群のリーダーシップでチームメイトからも厚い信頼が寄せられていた選手です。

近江でもチームの中心で活躍を見せていますから、プロのスカウトから精神面で評価される可能性も高いのではないでしょうか…!

Sponsored Link

近江・長谷川勝紀はドラフト期待の強肩捕手

二塁送球タイムに注目

2020ドラフト候補として注目を集める長谷川勝紀選手の武器は、なんといっても捕手のポジションで見せる強肩でしょう。

2年の2019秋の時点で二塁送球タイムは1秒81をマーク。

プロ顔負けのタイムを記録しており、多くのスカウトが視察に来た2020夏の滋賀大会準決勝・滋賀学園戦でも、安定して1秒9前後のタイムを記録していました。

長谷川勝紀選手が捕手にコンバートされたのは2年の2019年5月からで、それまでは投手を務めていましたから、高校3年にかけて目覚ましい成長を遂げていますよね…!

強肩をはじめ捕手としてのセンスは抜群ですし、リード面などでも成長に期待したいですね!

スローイングは安定感

プロ並みの二塁送球タイムを記録しているだけでなく、スローイングの安定感にも定評のある長谷川勝紀選手。

セカンド送球のコントロールも抜群で、送球が逸れることもほとんどありません。

肩が強いだけでは盗塁をアウトにすることはできませんし、コントロールの良さは見逃せませんよね…!

また、ランナーのリードが大きいときには牽制でアウトにするなど、鋭い観察眼も見もの。

履正社の関本勇輔選手らと共に、近畿地区から強肩の高校生捕手としてドラフトに期待したい選手です。

Sponsored Link

長谷川勝紀は近江打線の軸でホームランも注目

強肩に注目が集まる一方で、長谷川勝紀選手は近江のクリーンナップを務める打力も見逃せません。

しっかりと振り切るスイングから左右に鋭い打球を放つ右打者。

2020夏の滋賀大会準決勝・滋賀学園戦ではライトにソロホームランを放つなど、逆方向に長打を打てるパンチ力も見せました。

身長174cm・体重72kgの体格はまだ大きくなりそうで、攻守で成長が見込めるプレイヤーです。

体重アップで長打も増えてくるでしょうし、強肩強打の捕手として2020ドラフトでも注目です!

Sponsored Link

長谷川勝紀は近江からドラフトが楽しみ

二塁送球タイム1秒8の強肩とホームランを打てるパンチ力で、2020ドラフト候補にも名前が挙がっている長谷川勝紀選手。

スカウトからも高い評価を受けていて、2020夏の大会後にプロ志望届も提出するなどプロ入りを希望しています。

高校最後の滋賀大会でも攻守に活躍を見せていましたし、捕手転向してから日が浅いという点も将来性を感じますよね!

また、近江の同世代では土田龍空選手もドラフト上位候補として注目を集めていて、同じ年に2人が指名されることへの期待も膨らみます…!

強肩強打の捕手・長谷川勝紀選手の活躍に期待しつつ、2020ドラフトに注目していきましょう!

参考:近江・土田龍空はドラフト注目|守備力の高さは高校ナンバーワン

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック