2022注目の内野手

相澤秀光(山梨学院)はセンス抜群|兄弟で注目の巧打者は攻守の要

甲府南シニアの主力で活躍し、2020春から山梨学院に進路を決めた相澤秀光(あいざわ ひでみつ)選手。

広角に鋭い打球を放つ打撃センスは素晴らしいものがあり、左の巧打者として期待が膨らみます。

中学時代は甲府南シニアで2度の全国大会出場を果たすなど、中心となってチームを牽引していましたね!

山梨学院2019世代のエースだった兄・俊秀選手の存在でも注目を集める、相澤秀光選手を特集していきましょう。

参考:山梨学院の2020新入生は?メンバーは強打者揃いで重量打線に期待

相澤秀光の中学時代は甲府南シニアで全国

右投げ左打ちの相澤秀光選手は中学時代、硬式野球チームの甲府南シニアに所属していました。

中学3年時にはクリーンナップを任されるなど主力で活躍し、2019春のリトルシニア全国選抜野球大会、2019夏のジャイアンツカップと2度の全国大会出場にも貢献していますね!

ジャイアンツカップ1回戦の安仁屋ヤングスピリッツ戦では、3回裏の満塁のチャンスでランニングホームランを放つ活躍でチームを勝利に導きました。

中学時代から野球センスは突出したものがあり、山梨学院でも中心選手への成長が楽しみな逸材です。

Sponsored Link

相澤秀光は元エースの兄・利俊と兄弟で注目

山梨学院でも活躍が楽しみな相澤秀光選手ですが、2020春に山梨学院を卒業している兄の存在も高校野球ファンとしては記憶に新しいところでしょう。

相澤秀光選手の兄・利俊(かずとし)選手は、1年の2018夏から甲子園を経験していた山梨学院の主力メンバー。

高校3年時にはエースで四番に主将を務めるなど、まさにチームの大黒柱でしたね!

兄の利俊選手は2020春から日体大に進んでいますが、弟の相澤秀光選手も1年の2020夏から注目を集めているあたり今後が楽しみで仕方ありません。

兄弟揃って高校野球ファンを沸かせてくれるのは見事のひと言ですよね…!

Sponsored Link

山梨学院・相澤秀光は打撃センス抜群

1年夏の山梨大会でベンチ入りを果たしている相澤秀光選手ですが、広角に打ち分ける打撃センスが大きな武器になっています。

その2020夏の山梨大会準決勝・甲府城西戦では、5回裏・一死三塁のチャンスでレフト戦を抜けるタイムリー三塁打を放ち、コールド勝ちに貢献。

逆方向へも鋭い打球を放ち、持ち前の優れたミート力を見せつけました。

身長175cm・体重65kgと体格的にもまだまだこれからといった選手ですし、パワーがついてくれば打球の飛距離も大幅に伸びてくるでしょうね!

高校での試合経験が少ない中、スタメンで活躍を見せている選手ですから、共に1年からスタメンに名を連ねる岩田悠聖選手らと共に打線の中核を担うことは間違いないでしょう。

参考:岩田悠聖(山梨学院)は投打で即戦力|中学屈指の逸材はドラフト期待

Sponsored Link

相澤秀光は身体能力も山梨学院の武器

攻守で光る俊足

広角に鋭い打球を弾き返す打撃センスだけでなく、身体能力でも注目を集める相澤秀光選手。

その1つが俊足で、中学時代にも全国大会でランニングホームランを記録しています。

また2020夏の山梨大会準決勝・甲府城西戦で三塁打を放った際に見せたベースランニングもかなり速かったですし、相澤秀光選手のスピードは相手チームの脅威になるでしょう。

攻守でスピード感のあるプレーを見せるだけに、主役になれる実力は十分に秘めています。

軽快な守備

また相澤秀光選手が1年の2020夏からスタメンを掴んでいるもう1つの理由は、内野手としての守備力の高さです。

巧みなグラブさばきで難しい打球も難なく処理し、軽快なフットワークは今後さらに磨きがかかりそう。

加えて、中学時代は投手も経験していた相澤秀光選手は、強肩をいかした鋭いスローイングも披露しているんですよね!

攻守に抜群のセンスで、山梨学院の中心選手への成長が期待される相澤秀光選手。

川口龍己投手ら同世代では投手陣も充実していますから、チームを引っ張って全国の舞台で躍動してくれることを楽しみにしています。

参考:川口龍己(山梨学院)はキレが凄い|中学は長崎選抜の右腕に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック