2022注目の投手

川口龍己(山梨学院)はキレが凄い|中学は長崎選抜の右腕に注目

長崎県佐世保市の出身で、2020春から山梨学院に進路を決めた川口龍己(かわぐち りゅうき)投手。

直球・変化球ともに抜群のキレを誇る右腕で、サイドスローからの制球力も素晴らしいものがあります。

中学時代には長崎県選抜のメンバーとして全国大会も経験しており、高校でも成長が楽しみですね!

山梨学院でも投手陣の一角として楽しみなピッチャー・川口龍己投手を特集していきましょう。

参考:山梨学院の2020新入生は?メンバーは強打者揃いで重量打線に期待

川口龍己の中学時代は長崎県選抜のピッチャー

右投げ左打ちの川口龍己投手は中学時代、佐世保市立広田中学に通っていました。

野球部では主力で活躍していた選手で、中学3年時には長崎県選抜のメンバーにも名を連ねていましたね!

『全国中学生都道府県対抗野球大会in伊豆』で全国のレベルを経験しており、早くから上の舞台に選出されたことは今後の糧になるでしょう。

山梨学院には中学時代から全国を経験している選手も多いですが、川口龍己投手のマウンド度胸は豊富な経験に裏付けられているものだと感じます。

Sponsored Link

山梨学院・川口龍己は完成度に注目の投手

抜群のコントロール

山梨学院でも成長が楽しみな川口龍己投手は、完成度の高さが素晴らしい投手です。

右サイドスローから両サイドを突くコントロールは抜群で、テンポ良く相手打線を手玉に取っていく投球は見もの。

高校入学早々に2020夏から山梨大会で先発マウンドを任されているのも納得ですね!

試合をつくる能力に長けており、監督からしても計算できるピッチャーとして信頼を置くピッチャーと言えるでしょう。

球速以上のキレ

川口龍己投手はコントロールの良さに加えて、ストレートにも力があります。

球速は120キロ台後半〜130キロ前後と驚くスピードではないものの、キャッチャーミットを叩く音からは球威を感じますね…!

サイドスローだけに技巧派のイメージがあるものの、ストレートで押していける点も川口龍己投手の強みの1つ。

2020夏の山梨大会・甲府東戦でも先発マウンドで4回を1安打無失点の好投。さらには準決勝の甲府城西戦でも先発するなど、本当に素晴らしい活躍を見せています。

身長168cm・体重63kgと体格的にはまだまだ伸びしろがありますし、最速が140キロ近くなってくると手が付けられなくなりそうです!

同世代の注目左腕・古川秀将投手とは、これからも山梨学院の強力投手陣を形成してくれるでしょう。

参考:古川秀将(山梨学院)はキレが凄い|中学は東山クラブで全国準優勝

Sponsored Link

山梨学院・川口龍己は変化球のキレにも注目

完成度の高い投球が持ち味の川口龍己投手は、変化球も素晴らしいものを持っています。

球種としては主にスライダーやカーブを投げ分けていますが、特に右打者のアウトコースへ投じるスライダーは攻略が難しいでしょう。

ストライクゾーンを横に広く使えるピッチャーですから、高校で全国区になる可能性は十分と言えます。

同世代には攻守でチームの中心になる岩田悠聖選手もいますし、川口龍己投手には投手陣の柱となって山梨学院を引っ張ってほしいところ。

更なる進化に注目しつつ、この先の川口龍己投手の飛躍を応援していきましょう!

参考:岩田悠聖(山梨学院)は投打で即戦力|中学屈指の逸材はドラフト期待

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック