2021注目の捕手

西田陸人(明石商業)は強肩に注目|捕手コンバートで一気に開花

兵庫の名門・明石商業で2020夏の甲子園で捕手でベンチ入りを果たした西田陸人選手。

1年の2019秋から強肩を買われて捕手にコンバートしたばかりの、将来が楽しみなキャッチャーです。

投手も務めていた選手ですが、捕手転向で一気に注目度を上げているポテンシャルは本当に楽しみですね!

正捕手の座を奪うほどの勢いで急成長している、明石商業の西田陸人選手を特集していきましょう。

明石商業・西田陸人はドラフト級の強肩に注目

二塁送球タイムも期待

明石商業で注目を集める西田陸人選手の一番の魅力は、鋭いスローイングを見せる強肩です。

遠投110メートル超の強肩は目を見張るものがあり、1年の2019秋から捕手を始めたとは思えないほどのスピードで急成長を遂げているんですよね!

身長171cm・体重64kgと大柄ではないもののドラフト級の肩を持っている捕手だけに、今後は二塁送球タイムにも注目が集まってくるでしょう。

スローイングの安定感

また西田陸人選手の強みとして、スローイングの安定感も見ものです。

元々は投手のポジションを務めていたこともあり、ブレのない送球は今後も精度が上がっていきそうなところ。

二塁送球も綺麗な球筋で投げたいと話していますし、野手が捕球しやすい安定したスローイングが目に付きます。

2019ドラフトで楽天に入団した水上桂選手に憧れているとのことで、正捕手として存在感を放ってほしい選手ですね!

参考:水上桂(明石商)はイケメンキャッチャー|強肩強打で日本代表に抜擢

Sponsored Link

西田陸人は明石商業で捕手にコンバート

強肩で注目を集める西田陸人選手は、1年の2019秋に捕手へコンバートしたことも話題です。

投手として入学して試合に出場するために内野手の練習をしていた矢先、狭間善徳監督から捕手転向の声が掛かりました。

西田陸人選手も「捕手でやっていけるのか心配だった」とのコメントをしていましたが、そこから短期間でベンチ入りを掴んでいるのは努力の賜物と言えるでしょうね…!

狭間善徳監督も次世代の捕手を育てていこうと考えていた部分もあったのではないでしょうか。

Sponsored Link

西田陸人は2年から捕手でスタメン出場

コンバートで頭角を現してきた西田陸人選手は、2年の2020夏から捕手でスタメンマスクをかぶっています。

2020夏の兵庫大会5回戦では八番・キャッチャーでスタメン出場。

甲子園交流試合でもベンチ入りしており、監督からの期待値の高さが伺えますよね…!

捕手へのコンバート直後には、ドラフト注目の中森俊介投手のボールを後逸していたものの、温かい言葉をもらいながら成長してきたとのこと。

西田陸人選手は体格的にもまだまだ伸びしろがありますから、高校屈指のピッチャーのボールを受けていた捕手として大きく成長してほしいものです!

参考:中森俊介(明石商業)はドラフト注目|球速以上の完成度は世代随一

Sponsored Link

西田陸人は明石商業で守備の要に成長

西田陸人選手は守備の要として、これからの明石商業を引っ張っていく存在であることは間違いないでしょう。

同世代にも本格派右腕の西村元輝投手をはじめ楽しみな投手がいますし、今後も兵庫の高校野球を沸かせてくれるチームです。

夏の甲子園への出場機会が絶たれた先輩の悔しさを晴らせるように、西田陸人選手が中心となってチームを牽引していってほしいところ。

明石商業は堅守からリズムをつくるチームだけに、キャッチャーのポジションでの飛躍を応援していきたいと思います!

参考:西村元輝(明石商業)は球速に注目|中学では全国準優勝の本格派

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック