2022ドラフト投手

筏伸之助(鹿児島実業)は投打の逸材|東海中央ボーイズでは中日本選抜

中学では東海中央ボーイズの主力で活躍し、2020春から鹿児島実業でプレーしている筏伸之助(読み方は「いかだ しんのすけ」)選手。

投手では球速130キロ超のストレートを武器にする左腕で、高い打撃センスで二刀流としても注目を集めています。

小学時代は中日ドラゴンズジュニアに選出され、東海中央ボーイズでは東海選抜も経験している逸材なんですよね…!

鹿児島実業でも投打の柱への成長が期待される、筏伸之助選手を特集していきましょう。

参考:2022ドラフト候補の高校生投手【最新】スカウト注目の逸材を特集

筏伸之助の小学は中日ドラゴンズジュニア出身

左投げ左打ちの筏伸之助選手は、軟式野球チームのときわイーグルスで野球を始めました。

小学6年時には厳しいセレクションを通過し、中日ドラゴンズジュニアに選出。

本戦では背番号1をつけ、千葉ロッテマリーンズジュニアとの一戦で登板も果たしていますし、早くから優れた野球センスの持ち主であったことがわかりますね!

ちなみに中日ドラゴンズジュニアでは、静岡の加藤学園に進んだ水田裕翔選手もチームメイトでした。

互いに高校でも強豪校に進路を決めていますから、甲子園の舞台での激突もぜひ観てみたいところです。

Sponsored Link

筏伸之助は中学の東海中央ボーイズでも選抜

ドラゴンズ杯で投手賞

中学への進学後には、硬式野球チームの東海中央ボーイズに所属していた筏伸之助選手。

投打にわたり主力としてチームを引っ張り、中日ドラゴンズ杯の優勝にも大きく貢献しています。

このときは個人としても投手賞を受賞するなど、大会を通して活躍を見せていましたね!

選抜メンバーにも選出

実力が高く評価された中学時代の筏伸之助選手は、

  1. 鶴岡一人大会の中日本ブロック代表
  2. 愛知中央選抜

と2つの選抜メンバーにも選出されています。

愛知中央選抜として出場した府県選抜大会では、大会MVPを獲得するなど別格の存在感を放ち、チームを優勝に導く活躍を見せました。

また、東海中央ボーイズでは中京大中京・赤山泰斗選手ともチームメイト。

筏伸之助選手は小中学時代からハイレベルな舞台でプレーしていただけに、全国の高校野球ファンを沸かせてほしいところです…!

Sponsored Link

鹿児島実業・筏伸之助は球速に注目の本格派

鹿児島実業でも主力での活躍が期待される筏伸之助選手ですが、まず注目したいのが投球の軸となるストレートです。

中学の時点で最速132キロをマークしていて、左腕からキレのある真っ直ぐを投げ込みます。

また、ややインステップ気味に踏み出す投球フォームのため、特に左打者としてはかなり打ちにくいタイプの投手でしょうね…!

身体が出来てくるのはまだまだこれからといった感じですし、高校でさらに球速が伸びてくるのは間違いないでしょう。

筏伸之助投手は球速以上にスピードを感じさせるピッチャーですから、140キロを超えてくると手が付けられなくなるのではないでしょうか…!

鹿児島実業のエース候補として、今後の成長にも期待していきたいところです。

Sponsored Link

筏伸之助は打撃センスも鹿児島実業の武器

球速130キロ超のストレートを投げる一方で、高い打撃センスでも注目を集める筏伸之助選手。

東海中央ボーイズでも巧みなバットコントロールを生かし、左右に鋭い打球を放つな優れた打撃技術を随所に見せていました。

東海中央ボーイズ時代の中日ドラゴンズ杯決勝では、二回二死満塁のチャンスで2点タイムリーとなるヒットを放つなど、バッティングの良さも楽しみにしたいところ。

鹿児島実業は強力打線でも有名ですし、筏伸之助選手には打線の中軸で活躍してほしいですね!

投打ともに高いポテンシャルを秘め、二刀流として活躍が期待される筏伸之助選手。

小学時代は中日ドラゴンズジュニア、中学時代は鶴岡一人記念大会の中日本ブロック代表や愛知中央選抜など、上のレベルに身を置いてきた経験も魅力です。

明豊・坂本海斗投手らと共に世代トップクラスの能力を持っていることは間違いない選手ですから、九州から全国に名を轟かせるほどのプレーに期待していきましょう!

参考:坂本海斗(明豊)はセンスの塊|中学日本代表は変化球のキレが凄い

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック