2021ドラフト野手

藤田翔太(大阪桐蔭)はドラフト期待|打撃センス抜群の中学関西選抜

2019春から大阪の強豪・大阪桐蔭でプレーし、中軸候補として期待されている藤田翔太選手。

ホームランを打てるパンチ力と高いミート力を兼ね備え、活躍に期待がかかる左のスラッガーです。

中学時代は神戸中央シニアでクリーンナップを務め、全国大会の準優勝にも大きく貢献していましたね!

大阪桐蔭での覚醒が期待される未完の大器、藤田翔太選手を特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2020新入生は?メンバーは逸材揃いで過去最強との声も

藤田翔太の中学は神戸中央シニアで選抜

主軸で全国準優勝

右投げ左打ちの藤田翔太選手は中学時代、硬式野球チームの神戸中央シニアに所属していました。

中学3年時には四番を任されるなどチームの主力で活躍し、2018春の全国大会でチームの準優勝に大きく貢献。

夏のリトルシニア日本選手権でも神戸中央シニアはベスト8に進出し、藤田翔太選手も圧倒的な打力でチームを牽引していましたね!

関西選抜で首位打者

神戸中央シニアの主軸で活躍していた藤田翔太選手は実力が高く評価され、関西選抜のメンバーに選ばれて台湾遠征も経験しました。

関西JAPANでは主に三番の打順でチームを牽引して優勝の立役者に。

大会通算の打率も6割2分5厘と申し分ない高成績を残して、首位打者も獲得していましたね…!

また神戸中央シニアでは、2019春から履正社に進んだ渡邉純太投手とチームメイトでした。

それぞれ大阪のライバル校に進路をとっているだけに、大阪大会での対決も非常に楽しみですね!

Sponsored Link

大阪桐蔭・藤田翔太は広角に打てるセンス抜群の打撃

藤田翔太選手の大きな武器は、やはり抜群の打撃センスでしょう。

前述のとおり、中学時代に関西選抜として出場した『台北市国際AA野球大会』では6割を超える打率で首位打者を獲得し、ヒットを放つ技術は素晴らしいものがあります。

巧みなバットコントロールは見事でミート力にも長けている上、コースに逆らわず素直に弾き返せるあたり高打率を残せるのも納得。

インタビューでは「日本ハムの中田翔選手のような勝負強いバッターになりたい」と大阪桐蔭の先輩を目標として語っていましたし、勝負強さにも期待したいところですね!

Sponsored Link

大阪桐蔭・藤田翔太はホームランも期待

広角にヒットを打てる打撃センスを誇る一方で、ホームランも打てるパンチ力も兼ね備えている藤田翔太選手。

中学時代には、日本選手権の関西予選2回戦・草津シニア戦で豪快なホームランを叩き込み、チームの勝利に大きく貢献しました。

身長は170cm台前半と目立った大柄ではないものの、下半身はとてもがっちりしていて、高い長打力も魅力の藤田翔太選手。

まだまだ発展途上の選手ですから、身体ができてくればパワーもさらについてくるでしょうね!

大阪桐蔭の同世代にはドラフト注目の池田陵真選手ら強打者が揃いますが、共に強力打線を形成して再び全国の頂点を目指してほしいものです。

参考:大阪桐蔭・池田陵真はドラフト期待|中学日本代表はホームランも注目

Sponsored Link

藤田翔太は大阪桐蔭でも主力になってほしい

中学時代は神戸中央シニアの四番を務めて全国準優勝に貢献するなど、大阪桐蔭でも活躍が期待される藤田翔太選手。

広角にヒットを打てるバットコントロールにホームランを打てる長打力と、試合経験を積んでいけば打線の中軸で活躍できる逸材と言えるのではないでしょうか。

中学時代から数多くの大舞台も経験していますから、大一番での勝負強さにも注目したいですね!

1学年下にも海老根優大選手をはじめ楽しみな選手が集うなか、バットで存在感を示してほしいところ。

2021ドラフトでも指名が期待される藤田翔太選手の覚醒に期待しつつ、引き続き応援していきたいと思います!

参考:海老根優大(大阪桐蔭)は中学日本代表|ホームランに期待の怪物野手

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック