2020代替大会

【高校野球2020】福岡の注目選手は?ドラフト期待の選手がズラリ

当初の決定から一転、高校野球の独自大会が無事開催されることになった福岡。

接戦必至の福岡大会では投打にポテンシャルの高い選手が揃い、個々の能力の高さも光ります。

この記事では、2020夏に挑む福岡の注目選手をピックアップしてみました。

参考:【高校野球2020】熊本の注目選手は?投打の逸材をピックアップ!

2020夏の高校野球で福岡の注目選手【投手】

下級生の頃から超大型右腕として注目を集めてきたのが福岡大大濠の山下舜平大投手。身長190cm・体重90kgのドラフト注目右腕で、最速145キロのストレートを軸としたピッチングは迫力満点です。

大型右腕では小倉の193cm右腕・吉川晴朝投手にも期待です。最速140キロ超のストレートに加えて、縦に割れるカーブをはじめ高低を上手に使えるピッチングは見もの。2019夏にはサヨナラホームランも叩き込むなど、投打でスケールの大きさが魅力ですね。

九州国際大付では酒井教平投手も楽しみな右腕で、最速140キロ超のストレートはもちろん、フォークボールに注目。決め球としてだけでなくカウントを整えることもできるボールで、2種類のスライダーも操るなど奪三振率の高さも見逃せません。

2019秋ベスト4の宗像・中村浩輝投手は右のサイドスローからキレのあるボールを投げ込みます。驚くような球威こそないものの抜群のコントロールでコーナーを突ける好投手。安定感のあるピッチングは県内有数といっても過言ではないでしょう。

2019夏に最速145キロをマークして話題になった香椎・牟田稔啓投手。どこまで成長を遂げているか、本格派右腕のピッチングを楽しみにしている高校野球ファンも多いでしょう。

八幡南の濱本建投手もコンスタントに130キロ台後半をマークする期待の右腕。低めの制球も良く、球速以上のスピードを感じさせるだけに、2019秋のベスト4以上の成績にも期待ですね!

左腕では福岡第一の久場香徳投手に注目。チェンジアップにカーブを交えたピッチングで奪三振率が高く、期待感が高いサウスポーです。やや荒れ球の投手ではあるものの、荒削りな点も魅力の1つだけにひと冬越えての成長が楽しみです。

九産大九州の野田壮吾投手はテンポ良くストライクを取る制球力と決め球のスライダーに期待。大牟田の花田夢海投手は球威のある真っ直ぐが魅力の左腕だけに、変化球をいかにコントロールできるかが肝になりそうですね。

2年生では沖学園の水崎康平投手が見もの。1年時に最速138キロをマークしていた本格派で、努力家の投手だけに高校での150キロ超も十分にありえるもではないでしょうか。

Sponsored Link

2020夏の高校野球で福岡の注目選手【野手】

福岡大大濠の山城航太郎選手は抜群の身体能力に注目です。ユーティリティプレイヤーとしての守備センスに加え、投手では最速140キロ中盤を連発する強肩も。深浦幹也選手は広角に長打が出せるバッティングに加え、好左腕としても存在感を放つドラフト候補です。

九州国際大付の井上堅心選手、福岡第一の岸本暖選手は共に強肩強打の捕手としてドラフト注目。福工大城東の誉田貴之選手も二塁送球タイム1秒8台のスローイングは見逃せません。

甲子園を経験している筑陽学園の中村敢晴選手は大型ショートとして注目の野手で、スター性を兼ね備えた選手だけに高校最後の夏でどこまで成長を見せられるか。

宗像の石橋昂樹選手も183cmの大型ショートで、走攻守にバランスの良い右打者。左右に長打が打てるほか、投手でも130キロ台後半をマークするポテンシャルにも期待です。

八幡南の一番・センターで活躍する荒牧遼真選手は、左右にライナー性の打球を連発するバットコントロールに加え、力強さも兼備する注目の外野手ですね。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック