2020ドラフト野手

蔵田亮太郎(聖望学園)はドラフト期待|カープジュニア出身の大型野手

埼玉の強豪・聖望学園で1年の2018春からベンチ入りを果たし、1年生ながら四番を任されていた蔵田亮太郎(くらた りょうたろう)選手。

広角へ長打が打てる打撃センスと、持ち前の堅実な守備で攻守に期待できるプレイヤーです。

小学時代は広島カープジュニアに選出された経歴を持ち、身長187cmの大型野手としてもドラフト注目の内野手なんですよね…!

すでにプロ志望を表明している、2020ドラフト注目の蔵田亮太郎選手を特集していきましょう。

蔵田亮太郎の小学時代は広島カープジュニア出身

蔵田亮太郎選手は福山市立坪生小学校の出身で、小学1年生から野球を始めました。

当時から野球センスは際立っており、小学6年時には広島カープジュニアに選出されるほど。

東朋中学への進学後には軟式野球部に所属しており、全国大会出場などの実績こそないものの聖望学園で入学早々にベンチ入りしたことからも実力の高さが伺えます。

また福山大硬式野球部の蔵田修監督は蔵田亮太郎選手の父親ですから、幼少期から指導者に恵まれていたとも言えますよね…!

Sponsored Link

聖望学園・蔵田亮太郎はドラフト期待の打撃センス

1年の夏から四番

聖望学園でドラフト期待の蔵田亮太郎選手は、まず打力に注目です。

1年の2018夏から四番を任されるほどの打力を持ち合わせており、スケールの大きな左打者として話題になっていました。

高校通算ホームランこそ10本に満たないもののパンチ力は十分で、2020年6月下旬には関東一との練習試合でもライトスタンドにホームランを叩き込んでいますね!

●1年夏:16打数8安打
●2年夏:12打数6安打

と2年連続で夏の大会では5割をマークする活躍で、チームの勝利に大きく貢献していました。

1年夏以降には右ひざの成長痛に苦しみ満足いく野球ができない期間が続きましたが、真摯に野球と向き合い地道に取り組んできた成果が身を結んでいると言えるでしょう…!

広角への長打

聖望学園で三番を打つ蔵田亮太郎選手ですが、打撃を語る上で左方向への長打も見逃せません。

長いリーチを活かし、コースに逆らうことなく柔らかいスイングで広角に長打を打ち分けることができるんですよね!

多少体勢を崩されても外野の深いところまで持っていくことが出来ますし、将来が楽しみなスカウトも多いのではないでしょうか…!

花巻東の水谷公省選手らと並んで、左の強打者としてドラフトでも楽しみな存在になることは間違いありません。

参考:水谷公省(花巻東)はドラフト注目|怪我から復帰でホームランに期待

Sponsored Link

ドラフト期待の聖望学園・蔵田亮太郎は守備にも注目

聖望学園の蔵田亮太郎選手はバッティングに期待の一方で、ショートとしての堅実な守備力も光ります。

身長187cm・体重84kgの大型ショートでありながら、軽快なフットワークで広い守備範囲を誇り、特にセンター前に抜けそうなヒット性の当たりを華麗にさばきます。

打球への入り方もスムーズですし、内野手としての守備の上手さも高く評価されていますね!

2年夏は右ひざ痛の影響で外野を守っていたこともありましたが、2019ドラフトで横浜DeNAベイスターズに入団した田部隼人選手のように大型内野手として期待したい選手です。

Sponsored Link

蔵田亮太郎は聖望学園からドラフトへ

聖望学園の中心選手である蔵田亮太郎選手はスケールが大きく、将来が非常に楽しみな選手です。

身長187cmの身体つきは申し分ないだけに、プロの世界でもぜひ成長が観てみたい選手ですよね…!

プロ志望届を出すということで、蔵田亮太郎選手への注目度も日増しに高くなっており、埼玉からドラフトを沸かしてくれそうです。

近年では大型野手が特に将来性を買われている印象がありますし、高校最後の夏でぜひアピールしてほしいところ。

花咲徳栄・井上朋也選手らと共に、2020ドラフトでの指名を楽しみに追いかけていきましょう。

参考:井上朋也(花咲徳栄)はドラフト注目|ホームランだけじゃない怪物の進化

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック