2020ドラフト野手

姫木陸斗(日大藤沢)はドラフト期待|攻守で魅せる身体能力に注目

神奈川の強豪・日大藤沢で1年の2018夏からベンチ入りを果たし、同年秋からはレギュラーとして活躍していた姫木陸斗(ひめき りくと)選手。

常にフルスイングできるバッティングにくわえ、二塁到達タイムが全国トップレベルの俊足を兼ね備えるなど攻守で魅せる外野手です。

2020ドラフト候補としても名前が挙がっていますし、高校最後のシーズンでも活躍が非常に楽しみですね!

日大藤沢の主力でドラフト期待の、姫木陸斗選手を特集していきましょう。

日大藤沢・姫木陸斗はフルスイングに注目

左投げ左打ちの姫木陸斗選手ですが、まず注目したいのがフルスイングを見せるバッティングです。

身長177cm・体重76kgと均整のとれた体格から、やや高めのグリップ位置からボールを十分に引きつけ、思い切りの良いスイングで鋭い当たりを広角に弾き返します。

2019夏の県大会では、23打数10安打4打点と準優勝にも大きく貢献していましたね!

広角に長打が打てるパンチ力も魅力の1つですが、思いきり振れる左打者だけにこの先も小さくまとまらずに成長してほしいところです!

Sponsored Link

ドラフト期待の日大藤沢・姫木陸斗は俊足が凄い

二塁到達タイムが全国上位

日大藤沢の四番打者としてバッティングで注目を集める姫木陸斗選手は、高校トップレベルの俊足ぶりにも注目です。

二塁到達タイムは7秒85、三塁到達タイムは11秒51と驚異的なスピードを見せているんですよね…!

持ち前のフルスイングをしたうえでのタイムですから、脚力も全国トップクラスであることは間違いありません。

ベースランニングの上手さも一級品で、グングン加速していく姿に目を奪われた高校野球ファンも少なくないでしょう。

どんな打球でも全力疾走で次の塁を積極的に狙う姿勢から、姫木陸斗選手の走塁への意識の高さも垣間見ることができます。

守備範囲の広さも

俊足の姫木陸斗選手は攻撃面だけでなく、そのスピードは守備でも発揮されており、守備範囲の広さにはたびたび驚かされます。

センターとして打球に対しての1歩目も早く、抜ければ長打の当たりを好捕する場面も非常に多い外野手なんですよね!

通常は外野の間を抜けるような打球にも追いつくため、相手チームの走塁面にもプレッシャーを与えられる点も日大藤沢の強みとなっています。

全国的な知名度こそまだ高くないものの、大分商業・渡邊温人選手らと並んでポテンシャルの高さでは高校野球界でも上位に入る選手と言えるでしょう。

参考:渡邊温人(大分商業)の俊足は全国上位|ドラフト級の身体能力は必見

Sponsored Link

日大藤沢・姫木陸斗は投手でも球速140超

俊足強打の外野手として注目される一方で、姫木陸斗選手は強肩ぶりも突出したものがあります。

投手でマウンドに上がれば球速140キロ超のストレートを投げ込む地肩の強さがあり、外野からの鋭い返球も見ものですね…!

東海大相模のドラフト候補・鵜沼魁斗選手と共に、神奈川屈指のセンターと言っても過言ではないでしょう。

守備でも魅せる姫木陸斗選手は、試合前のシートノックから観に行きたくなるような華のある選手。

攻守で躍動してくれるプレイヤーだけに、プロのスカウトとしても目を光らせるのではないでしょうか。

参考:東海大相模・鵜沼魁斗はドラフト注目|日本代表のずば抜けた打撃センス

Sponsored Link

姫木陸斗は日大藤沢からのドラフトに期待

日大藤沢・姫木陸斗選手は走攻守三拍子そろっており、ハイレベルな外野手としてドラフトには大いに期待したいところ。

高校最後のシーズンは試合機会が減り、アピールできる場面が少ない状況ではあるものの、意識の高さはプレーの随所に見られますし、次のステージをしっかりと見据えていることでしょう。

同世代にはおなじくドラフト注目の牧原巧汰選手もいて、日大藤沢は本当にレベルが高いチームに仕上がっていますからね…!

将来が楽しみな姫木陸斗選手の活躍、そしてドラフトには今後も注目していきましょう!

参考:牧原巧汰(日大藤沢)はドラフト注目|ホームランも期待の強肩強打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック