2022注目の内野手

倉光条(早稲田実業)は打撃センス抜群|武蔵府中シニアで西東京選抜

武蔵府中シニアの中心選手で活躍し、2020春からは早稲田実業に進路を決めた倉光条選手。

強豪チームで三番を打つなどクリーンナップを任されていた右打者は、抜群の打撃センスが光ります。

中学時代には武蔵府中シニアの全国大会出場に貢献したほか、西東京選抜で台湾遠征も経験しているんですよね…!

早稲田実業でも活躍への期待が高まる、倉光条選手を特集していきましょう。

倉光条の中学は武蔵府中シニアで西東京選抜

右投げ右打ちの倉光条選手は中学時代、武蔵府中シニアに所属していました。

この強豪チームでも主力として活躍しており、中学2年時には実力が高く評価されて西東京選抜にも選出。

台湾遠征のメンバーとなって国際試合を経験していますが、選抜でも主将を務めるなど、この頃から注目選手であったことは間違いありません。

中学3年では主に三番を任され、春季関東大会・浦和シニアとの一戦でも初回のヒットで打線に火を付けるなど、全国大会出場にも貢献していました。

また持ち前の打撃センスはもとより、武蔵府中シニアでは投手のポジションでも活躍していましたね…!

中学時代のチームメイトで共に中心でプレーした安藤岳投手は横浜高校に進路を決めていますから、互いに名門高校で活躍して刺激を与え合ってほしいですね!

Sponsored Link

早稲田実業・倉光条は抜群の打撃センスに注目

コンタクト能力の高さ

早稲田実業でも主力への成長に期待がかかる倉光条選手ですが、まずバッティングの良さは見ものです。

スイングスピードの速さにくわえコンタクト能力が非常に高い強打者で、ファーストスイングで捕らえられる強さを持っています。

変化球にも泳がされずに自分のスイングが出来ますし、ボールを懐に呼び込んで打てる打者だけに、高校の投手を相手にしても十分に打率を残せるのではないでしょうか…!

武蔵府中シニア打線でも一・二を争う打撃センスを持つバッターだったと思います。

長打力にも注目

また倉光条選手は、クリーンナップを任される長打力も見逃せません。

中学時代にも外野の頭を越す打球が目立ちましたが、筋肉質な身体が高校でさらに大きくなるとホームランにも期待できるでしょう…!

右の強打者として全国区の選手になるだけのポテンシャルは秘めていますから、早くから出場機会を掴んで好投手と多く対戦してほしいものです。

1学年上でドラフト注目の強打者・清宮福太郎選手らと共にクリーンナップに座り、早稲田実業打線のなかでも存在感を示してくれることに期待しています!

参考:清宮福太郎(早実)の実力はドラフト確定|イケメン強打者の大暴れに期待

Sponsored Link

倉光条は早稲田実業でも中心選手として期待

早稲田実業でも、優れたバッティングに期待の倉光条選手。

中学時代には投手としてもマウンドに上がるなど身体能力も高く、高校でいかに頭角を現していくかは非常に楽しみですね!

武蔵府中シニアでは主にファーストを守っていましたが、スローイングの良さを活かしてサードなどのポジションでも十分に活躍できそうな気がします。

同世代では中学日本代表の壽田悠毅選手も早稲田実業に進路を決めており、この先も西東京を沸かせてくれそうですね…!

倉光条選手はその中心となってチームを引っ張れる選手ですから、攻守での成長には大いに期待していきましょう。

参考:早稲田実業の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で好バランス

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック