2020ドラフト野手

中津大和(小松大谷)はドラフト注目|華麗な守備の俊足巧打は期待大

石川県の強豪・小松大谷で1年の2018夏から試合に出場していた中津大和(読み方は「なかつ やまと」)選手。

50メートル5秒台の俊足は攻守に光り、高いミート力と華麗な守備で魅せる内野手です。

中学時代の小松ボーイズでも中日本選抜を経験していますし、高校では全国的な知名度こそまだないもののドラフト注目の逸材として話題になっていますね!

主将を務めるなどチームの大黒柱としても存在感を放つ、小松大谷の中津大和選手を特集していきましょう。

中津大和は中学時代に小松ボーイズで中日本選抜

中津大和選手は父の仕事の関係上、中学1年まで沖縄で過ごしていました。

当時は那覇ボーイズに所属しており、中学で石川県に戻ってからは小松ボーイズに所属。

野球センスはこの頃から光るものがあり、小松ボーイズでも主に一番・ショートでプレーしていましたね!

中学3年時には中日本選抜にも名を連ねていましたが、ここで全国のレベルの高さを知れたことも成長の原動力となったと語っています。

2学年上の兄の影響もあって小松大谷へ進路を決めており、石川の高校野球を盛り上げる存在となりました…!

Sponsored Link

小松大谷・中津大和はドラフト注目の守備力

守備範囲の広さ

小松大谷で主力として活躍する中津大和選手ですが、まず華麗な守備には注目です。

高校入学当初こそ「守備に課題があった」と小松大谷の西野貴裕監督が話していたものの、中津大和選手は西武・源田選手を研究するなど大きな進化を遂げました。

具体的には守備力を向上させるために

  • インパクト時のスタートの切り方
  • 捕球時の姿勢

などを主に研究して試行錯誤を重ねたとのこと。

ポジショニングも良く、ヒット性の打球を好捕する場面も多く見受けられますが、中津大和選手の守備力は努力によって身に付けられたことがわかりますね!

グラブさばきも抜群

中津大和選手の守備力の高さは守備範囲の広さはもとより、グラブさばきも一級品といえます。

俊敏性を活かした軽快なフットワークで打球に追いつき、柔らかいハンドリングを見せる守備力は素晴らしいものを持っていますね…!

打球への入り方もムダがないため送球までもスムーズで、ドラフト注目の逸材として話題を呼んでいるのも納得。

2019ドラフトでは日本ハムから3位指名を受けた、京都国際の上野響平選手がショートで話題になっていましたが、2020ドラフトでは中津大和選手の存在から目が離せません。

Sponsored Link

ドラフト注目の小松大谷・中津大和は俊足が見もの

華麗な守備で魅せる中津大和選手ですが、攻守に光る俊足ぶりにも注目です。

50メートル5秒8の俊足の持ち主で、塁間を3秒台で駆け抜ける脚力は高校野球界でもトップクラスと言えるでしょう。

ベースランニングが上手いうえに打球判断も良く、走塁センスの面でも申し分ない逸材なんですよね…!

同じく石川県のドラフト注目選手としては星稜・内山壮真選手が有名ですが、スピード面では中津大和選手に軍配が上がるでしょう。

小松大谷を引っ張るスピードスターには、ぜひ今後も注目していきたいものです。

Sponsored Link

中津大和選手は打撃センスも小松大谷の武器

ミート力の高さ

小松大谷では1年の2019夏から試合に出場している中津大和選手ですが、強豪校で早々に出場機会を掴んだのはミート力の高さがあったからだといいます。

守備走塁で突出した選手である一方で、左の巧打者としても注目なんですよね…!

練習後に自宅で500スイングを欠かさず行うなど取り組む姿勢も素晴らしく、コースに逆らうことなく打ち分けられる技術は中津大和選手の大きな武器になっています。

追い込まれてもカットして甘い球を呼び込むなど、出塁率が高い選手である点も評価されるでしょう。

成長を見せる長打力

ミート力に加えて、中津大和選手は高校3年にかけてパワーが付いてきた点も魅力です。

入学当時は身長174cm・63kgだった体格も、2年間のウエイトトレーニングによって身長180cm・体重75kgに。

実際にホームランになる打球が増えるなど、明らかに打球の質が変わったことは自他ともに認めるところです。

走攻守すべてにハイレベルな選手だけに、2020ドラフトにも大いに期待したいですね!

もちろん大学や社会人なども視野に入ってくるのでしょうが、同じショートとしては近江・土田龍空選手らと並び、中津大和選手の進路には注目していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック