2021注目の外野手

廣部嵩典(県岐阜商)は強打に注目|兄弟で注目の枚方ボーイズ出身

岐阜の強豪・県岐阜商で1年の2019春から試合に出場している廣部嵩典(ひろべ たかのり)選手。

身長165cmと上背はないものの、強靭な下半身を活かしたパワフルなバッティングが持ち味の左打者です。

兄が秀岳館出身の選手ということもあり、兄弟で鍛治舎巧監督のもとプレーしていることも話題になりそうですね!

次世代の県岐阜商を支える選手としても期待がかかる、廣部嵩典選手を特集していきましょう。

参考:県岐阜商の2021メンバーは?注目選手が投打に揃い優勝候補に!

廣部嵩典の中学時代は枚方ボーイズ出身で選抜も経験

廣部嵩典選手は京都の宇治市立小倉小学校の出身で、地元の軟式少年野球チーム・巨椋少年野球倶楽部で野球を始めました。

岐阜市立長良中学への進学後は、全国的な強豪として知られる硬式野球チーム・枚方ボーイズに所属。

右投げ左打ちの廣部嵩典選手は枚方ボーイズで主力として活躍し、力強いバッティングで打線の中心的存在でした。

中学3年時には関西ブロック支部対抗オールスター大会の北大阪代表に選出されるなど、中学時代から注目を集めていた選手の一人でしたね!

県岐阜商でも早くからパワフルなバッティングで頭角を現していますし、今後の成長が楽しみな選手の一人です。

Sponsored Link

廣部嵩典は秀岳館出身・廣部就平の兄弟でも話題

県岐阜商でも入学早々から注目を浴びている廣部嵩典選手ですが、甲子園に出場している兄がいることも話題になっています。

廣部嵩典選手の兄・廣部就平選手は秀学館の出身で、県岐阜商の鍛治舍巧監督が3季連続で甲子園ベスト4に導いたときに主将を務めていた選手だったんですよね…!

廣部就平選手は高校卒業後に中部学院大学に進んでおり、兄弟で体格や雰囲気もそっくりです…!

「廣部就平選手と顔が似ている」との声や「廣部という名字でもしやと思った!」といった声もあがっていますし、秀学館の3季連続甲子園ベスト4は高校野球ファンの記憶に強く残っていることがわかりますね。

県岐阜商が甲子園に出場すれば、兄弟ともに鍛治舍巧監督の元で甲子園出場となるだけに、廣部嵩典選手は話題性の面でも沸かせてくれそうです。

兄に続いてブレイクする実力は十分に秘めている選手ですから、廣部兄弟が話題になる日はそう遠くないはずです。

Sponsored Link

県岐阜商・廣部嵩典はバッティングに注目

廣部嵩典選手のプレーで注目したいのが、豪快なフルスイングが魅力のバッティングです。

西武・森友哉選手のような重心を低くした構えから積極的なスイングを見せていて、鋭いスイングで真っ直ぐに力負けすることはほとんどありません。

入学当初の2019春から試合に出場して活躍をしていましたし、初球から振っていく思いきりの良さも見ものですね!

2019春の岐阜大会準決勝・岐阜第一戦では、1年生ながらいきなり四番に抜擢をされるなど、当初から高い注目を集めていました。

身長165cm・体重75kgとどっしりとした体格で、スイングからも下半身の強さが伝わってくる左打者。

廣部嵩典選手自身も「下半身の筋肉には自信がある」と語っており、鍛え抜かれた足腰を武器に打席での威圧感はさらに増していくでしょう。

同世代には宇佐美佑典選手ら打力の高い選手が揃いますから、今後も県岐阜商の躍進は目が離せませんね…!

今後はホームランにも期待しつつ、廣部嵩典選手のバッティングに注目していきたいと思います。

参考:宇佐美佑典(県岐阜商)は打撃センスに注目|身体能力も光る右の巧打者

Sponsored Link

廣部嵩典は県岐阜商の主軸になってほしい

バッティングの良さが光る廣部嵩典選手ですが、やはり今後は県岐阜商の中心打者として期待が高まります。

2019秋は練習試合を含めて二塁打8本・三塁打2本と多くの長打も放っており、長打率の高さも見逃せません。

くわえて四死球もチームトップクラスに多く選球眼の良さも兼ね備えているだけに、相手バッテリーとしては脅威でしょうね…!

入学当初から四番に抜擢されるなど鍛治舍巧監督からも高い評価を受けている選手ですし、攻撃の軸としてドラフト注目の高木翔斗選手らと大いに暴れ回ってほしいものです。

県岐阜商躍進の中心で存在感を示してくれるでしょうから、この先の廣部嵩典選手には大いに注目していきましょう!

参考:高木翔斗(県岐阜商)は強打に注目|中日ジュニア出身の大型捕手

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック