<2020春のセンバツ甲子園>

加藤学園の2020メンバーを特集|注目選手は話題のエースだけじゃない

2019秋の東海大会で初のベスト4進出を果たした静岡の加藤学園。

2020選抜高校野球大会への出場も決まり甲子園での躍進にも期待が高まりますが、注目選手は話題のエース右腕だけではありません。

この記事では、加藤学園の2020メンバーから注目選手をピックアップしていきましょう。

2020加藤学園の絶対的エースは全国的な注目選手

まず加藤学園のメンバーで欠かせないのが、絶大な信頼を得ているエース右腕の肥沼竣投手です。

130キロ台後半のストレートは驚く球速ではないもののキレがあり、自慢のコントロールを武器に抜群の安定感を誇る右腕です。

チェンジアップとフォークを投げ分けるなど、投球術が光る頼もしい右腕なんですよね…!

2019秋の公式戦では13試合のうち12試合に登板して完投が10。

文字通り大車輪の活躍を見せ、加藤学園の甲子園出場に大きく貢献しました。

ポーカーフェイスで冷静なマウンドさばきに頼もしさを感じる投手だけに、絶対的なエースとしての働きには大いに注目したいところです。

Sponsored Link

2020加藤学園の打線を引っ張る注目選手

2020世代の加藤学園打線でまず注目選手として挙げたいのが、前チームから主力の大村善将選手です。

新チームとなってからの2019秋では練習試合も含めて安打数・ホームランともにチームトップの数字を叩き出した右打者。

高校通算15ホームランの強打者ですが、特にドラフト注目の静岡商業・高田琢登投手から放った逆転ホームランは、まさに値千金の一打でした…!

ショートの守備には粗さが目立つなど、まだまだ成長の余地はあるものの、加藤学園打線で期待のメンバーであることは間違いありません。

また、主に二番打者としてプレーした杉山尊選手も注目選手の一人です。

バットコントロールが上手くミート力に長けた左打者で、2019秋の公式戦では3割9分5厘の高打率をマーク。

盗塁数でもチームトップの数字を誇るだけに、加藤学園打線のキーマンとも言えるメンバーですね!

Sponsored Link

加藤学園の次世代を担うメンバーは2020も主力

2020シーズンを戦う加藤学園では、次世代を担う注目選手もメンバーに名を連ねています。

まず個人的に注目しているのが俊足強打の佐野陸斗選手

静岡蒲原シニアに所属した中学時代には40本以上のホームランを記録した左の強打者で、思い切りの良いスイングが魅力です。

2019秋の東海大会では3試合すべてでマルチヒットをマークしていますし、これから確実性が増してくると2021ドラフト候補としても注目を浴びるでしょう。

50メートル6秒2の俊足も兼ね備えており、身体能力の面でも注目したいメンバーです。

また、2020世代でも四番を務める植田颯斗選手も見逃せません。

ホームランも期待できる長打力を持ち合わせている上に、勝負強さが光る右打者。

さらに四死球の数も多く、選球眼の良さも素晴らしいんですよね…!

2019秋の公式戦ではチームトップの打点を叩き出していますし、これからも中軸に座って加藤学園を引っ張っていくメンバーと言えるでしょう。

二番手投手の台頭や守備力の向上など課題はあるものの、一丸となって戦うチーム力の高さにも注目の加藤学園。

2020シーズンの戦いを応援していきたいと思います!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック