<2019ドラフト>

中田惟斗(大阪桐蔭)のドラフト指名は?中学の球速も凄い日本代表右腕

全国屈指の強豪・大阪桐蔭でエースとして活躍した中田惟斗(なかた ゆいと)投手。

プロ志望届を提出し、2019ドラフトでも指名への期待が高まる右腕です。

中学時代から球速が140キロを超えていた本格派だけに、これから上のステージでもぜひ観てみたい投手ですね!

ドラフト候補として注目の大阪桐蔭・中田惟斗投手を特集していきましょう。

大阪桐蔭・中田惟斗のドラフト指名は何位?

プロ志望届を提出し、2019ドラフトでの指名が楽しみな中田惟斗選手ですが、どの球団が獲得に動くのかにも大きな注目が集まります。

早々からプロ志望を明言していたわけではないため、そういう意味でも待ち遠しいんですよね…!

最速146キロのストレートにくわえて空振りを奪えるスライダーも持っていますし、身長181cm・体重89kgとがっちりした体格も高い将来性を感じます。

事前の予想では4巡目以降での指名が濃厚と見られていますが、大阪桐蔭のエースとして背番号1をつけた投手ですからね…!

スカウトからの評価も含め、中田惟斗投手のドラフトを楽しみにしていきたいと思います。

Sponsored Link

大阪桐蔭・中田惟斗はドラフト期待の投球を見せた

大阪桐蔭に入学した中田惟斗投手は1年の2017秋にベンチ入りを果たし、エースへの階段を確実に上っているかに見えました。

しかし翌2年春に登板した際はフォームを崩すなど、ストレートの平均球速も130キロ台中盤に止まるように。

2018春の選抜甲子園もベンチ外になり、肩痛も発症して十分に練習が出来ない期間もあったんですよね。

そんな苦しい時期を乗り越え、最後の夏にエースとして見せた気迫の投球は、観ているこちらも心を打たれるものがありました…!

特に延長14回を一人で投げ抜きいた大阪大会・準々決勝の金光大阪戦は、高校野球ファンにとっても印象深いものになったでしょうね。

甲子園出場こそならなかったものの十分に存在感は示したと思いますし、終盤でも140キロ台を連発するなど、平均球速の馬力を見ても十分にドラフトを期待できる逸材です。

Sponsored Link

中田惟斗は中学日本代表で球速140キロ超え

2019ドラフト候補として注目を集める中田惟斗投手は、中学時代から怪物中学生として話題になっていました。

小学3年時から軟式チームで野球を始め、中学進学後は和歌山御坊ボーイズに所属していた中田惟斗投手。

身長178cm・体重78kgと恵まれた体格を活かして最速143キロの速球を投げ込むなど、エースとしてチームを牽引。2016ジャイアンツカップでもベスト4という好成績を残しました。

さらに、高い実力が認められ、U15日本代表にも選出されていますね!

同じくドラフト注目の横浜・及川雅貴投手や興南・宮城大弥投手と共に、U15ベースボールワールドカップに出場し、日本チームを準優勝に導きました。


また怪物中学生として「ビートたけしのスポーツ大将」にも出場し、プロの選手とも対戦していますし、十分すぎるポテンシャルを秘めていたことがわかります。

元々の素質は十分でしたが、怪我の影響もあって輝きを放ちきれなかった高校時代。

悔しさを胸に、プロの世界では大きな成長を見せてほしいですね!

参考:興南・宮城大弥がドラフト上位と評される理由はチェンジアップにある

Sponsored Link

中田惟斗はドラフトでの指名が楽しみすぎる

中田惟斗投手は怪我の影響もあり、大阪桐蔭では思うように活躍できないもどかしさを感じてきたことでしょう。

ただ、復調した2019夏の投球はものすごい期待感がありましたし、実際に上のステージでもピッチングが観たいとの声は多く聞こえています。


中学時代から世代トップクラスの逸材として注目されてきた投手ですし、もがいた期間も必ず今後の成長に繋がっていくと思います。

1学年下の左腕・藤江星河投手も2019秋から投打に躍動した姿を見せていますが、中田惟斗投手のドラフトにも大いに期待して応援していきましょう!

参考:藤江星河(大阪桐蔭)は球速以上のキレ|中学日本代表は名門のエースに

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック