<2019ドラフト>

木下元秀(敦賀気比)はドラフト期待|出身中学でも見せた抜群の身体能力

福井の強豪・敦賀気比で2年生から主軸として試合に出場している木下元秀(きのした もとひで)選手。

高校通算ホームランは30本を超えており、主軸を任される左の強打者として甲子園出場にも大きく貢献しました。

強打の外野手として2019ドラフトにも注目が集まる、敦賀気比の木下元秀選手について特集していきましょう。

敦賀気比・木下元秀は出身の中学でも凄かった

左投げ左打ちの木下元秀選手は大阪の堺市立三国丘中学の出身で、中学時代は硬式野球チームのサウスウインドに所属していました。

投打に渡る活躍を見せ、主軸としてチームを牽引。全国大会への出場も果たしました。

その全国大会での活躍が認められて、倉敷国際少年野球大会の大阪代表にも選出されていますね!


中学時代から非凡な野球センスを発揮しており、当時から進路が注目される選手の一人だった木下元秀選手。

ドラフト候補の大型外野手としても期待が高まっていますが、中学時代からパワフルなプレーは健在だったと言えます…!

Sponsored Link

敦賀気比・木下元秀がドラフト期待の理由

ホームランが打てるパンチ力

中学時代に大阪代表として選出されていた木下元秀選手は、敦賀気比でも主力として活躍を見せていました。

打席での大きな魅力はホームランが打てるパンチ力で、2019春の福井大会・美方戦では1試合2本のホームランを記録。

高校通算ホームランは36本にまで上っていますし、上の世界での活躍もぜひ観てみたいバッターです。


2019夏の甲子園でサイクルヒットを記録した、杉田翔太郎選手と並ぶクリーンナップは脅威だったでしょうね!

身長182cm・体重86kgと体格もがっしりとしており、今後の伸びしろにも期待大です…!

参考:杉田翔太郎(敦賀気比)の高校通算は?サイクル達成にドラフト期待の声も

逆方向への飛距離

敦賀気比の四番として活躍した木下元秀選手は、逆方向に強い打球を飛ばせる点も魅力です。

強打者の条件とも言えますし、左中間への痛烈な当たりにも注目していきたいところですね!


加えて、レフト線へ強い打球を打てるということは、すなわちボールをギリギリまで呼び込んで打てることであり、それは打率の高さにも繋がっていきます。

実際に木下元秀選手は、2019夏の甲子園でも5割8分3厘の高打率を残しました。

左投手を苦にしない点にも強みを持っていますし、広角に強い打球を放つことが出来るのは大きな武器と言えるでしょう。

Sponsored Link

ドラフト注目の木下元秀は守備でも魅せる

高校通算36本のホームランを記録したバッティングに注目が集まる一方で、木下元秀選手は守備においても能力の高さを見せています。

外野手として主にレフトを守っていましたが、肩の強さも見逃せない選手なんですよね…!

最速140キロ近いストレートを投げる投手として活躍していたため、外野からのスローイングも申し分ありません。

笠島尚樹投手大島正樹選手ら、下級生にも逸材が揃う敦賀気比ですから、木下元秀選手にはぜひプロでの背中を見せてほしいものです!

ドラフトでの指名に期待して、これからを応援していきましょう。

参考:敦賀気比・笠島尚樹は球速より速い|ドラフト候補は変化球のキレも注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック