2020注目の外野手

佐野翔騎郎(札幌大谷)は打撃センス抜群|全国上位の俊足も凄すぎる

札幌大谷で1年秋からレギュラーとして活躍していた佐野翔騎郎(読み方は「さの しょうきろう」)選手。

ミートセンスが光る左の好打者で、俊足を活かしたスピード感に溢れるプレーは攻守に存在感があります。

2019秋からの新チームでは三番に座りホームランを放つなど、長打力の面でも目が離せないバッターですね!

札幌大谷の主軸として道内でもトップクラスの身体能力を見せる、佐野翔騎郎選手を特集していきましょう。

佐野翔騎郎は札幌北シニア出身で中学では捕手も

小学時代を東札幌ジャイアンツでプレーした佐野翔騎郎選手は、札幌市立日章中学に進学して中学では札幌北シニアに所属していました。

中学時代には一番・キャッチャーでチームの中心選手として活躍しており、この頃から俊足ぶりは光っていましたね!

当時はスイッチヒッターだったことからも、器用なバッターであることが伺えます。


ミート力や出塁率の高さには元々定評がある好打者で、出身の札幌北シニアではチームを率いる田中則行監督からも全幅の信頼を置かれていた佐野翔騎郎選手。

2018秋には神宮大会を制すなど、北海道随一のチーム力を誇っていた札幌大谷の前チームで、早々にレギュラーを奪取していたことも納得のポテンシャルを持つ選手です。

Sponsored Link

札幌大谷・佐野翔騎郎は打撃センスが凄い

柔軟なバットコントロール

高い打撃センスに注目の佐野翔騎郎選手は、左右に打ち分けるバットコントロールに長けた左打者です。

コースに逆らわずに打ち返すことができる技術は素晴らしいものがあり、2018秋・北海道大会での駒大苫小牧との一戦では4安打をマークするなどセンバツ出場を決める立役者となりました…!


変化球への対応力も高く、2019秋以降の新チームでは三番・ライトで出場しており、これからの札幌大谷を引っ張るバッターになることは間違いありません。

全国的に見ると横浜・度会隆輝選手のバットコントロールは天才と称されていますが、佐野翔騎郎選手にも北海道を代表する打者に成長してほしいものです!

参考:度会隆輝(横浜)がドラフト一巡目で消えてもまったく驚かないと思う

Sponsored Link

ホームランを打てる長打力にも注目

加えて、佐野翔騎郎選手は長打にも期待できるバッターに成長しつつあります。

2019秋の札幌支部予選では2戦連続のホームランを記録しましたし、中心打者としての自覚が見てとれるようになりました。

前チームは石鳥亮選手ら強打者揃いだった分、繋ぎの意識が強かったのでしょうね…!


打順や状況に応じてチームバッティングが出来るあたりからも、佐野翔騎郎選手の高い野球センスを感じます。

身長182cm・体重77kgの体格もこれから更に大きくなるでしょうし、ますます長打が増えていきそうです…!

参考:石鳥亮(札幌大谷)のホームランに注目|怪我を乗り越えて魅せる四番の姿

Sponsored Link

札幌大谷・佐野翔騎郎は全国トップクラスの俊足

非凡な打撃センスを持つ佐野翔騎郎選手は俊足ぶりも見逃せません。

初めてグラウンドで観た際にまず飛び込んできたのは、ずば抜けたスピードを誇るその脚力でした…!

二塁到達タイムの7秒86は全国トップクラスの速さですし、普通の内野ゴロが内野安打になりそうな場面は何度も目にしました。

外野の間に放った打球で1つ先の塁を陥れる足も兼ね備えた選手ですから、走塁でも注目を集めることが出来るんですよね!

智弁和歌山の細川凌平選手のように、俊足好打で甲子園を沸かせてくれることが楽しみです。

また外野でも守備範囲が広く、キャッチャーから外野にコンバートされたのは正解だったのではないかと…!

全国トップクラスの俊足にも期待して、札幌大谷の佐野翔騎郎選手を追い掛けていきたいと思います。

参考:細川凌平(智弁和歌山)は中学日本代表|ホームランもあるセンス抜群打者

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック