<2019注目選手>

溝尾海陸(明石商)に絶賛の声|ナックルカーブを武器に甲子園で躍動

明石商業の背番号11を背負う溝尾海陸(読み方は「みぞお かいり」)投手が話題になっています。

2019夏の甲子園、八戸学院光星との準々決勝では満塁の厳しい場面から登板。粘り強いピッチングを見せてチームの勝利に大きく貢献しました…!

珍しい変化を見せるカーブを武器とする、明石商業の溝尾海陸投手を詳しく見ていきましょう。

 

明石商業・溝尾海陸はカーブが良い

際どいコースへの制球

甲子園での好投が話題になっている明石商業の溝尾海陸投手ですが、変化球に素晴らしいものを持っています。

縦横2種類のスライダーを投げ分けると言われている一方で、カーブが非常に良いですね…!


八戸学院光星打線を相手に苦しい場面で押し出しを許したりはしたものの、際どいコースに集める丁寧なピッチングが印象的でした。

杉戸理斗投手との継投はこの先の戦いでも明石商業の大きな武器になるでしょうね!

参考:杉戸理斗(明石商)の急成長に注目|技巧派左腕は安定感だけじゃない

ナックルカーブが話題に

また溝尾海陸投手はナックルカーブを投げることも注目を集めています。

ボール自体のキレも非常に良いですし、珍しい球種ということもあって甲子園を大いに驚かせていますね…!


注目の2年生エース・中森俊介投手は150キロを超える速球で押せる本格派ですが、準決勝以降は溝尾海陸投手の変化球にも注目が集まるでしょう。

参考:中森俊介(明石商業)はドラフト注目|球速150キロ以外の武器とは

Sponsored Link

明石商業の溝尾海陸に集まる絶賛の声

好投を見せた明石商業の溝尾海陸投手には、全国の高校野球ファンから絶賛の声が多数集まっています。

杉戸投手の後を受け、気迫の投球で中森投手に繋いだあたりは本当に素晴らしいピッチングでしたね…!


2019春のセンバツではレフトで出場していたものの、打撃不振によりベンチ外の危機もあったと言います。

しかしピッチャーとして奮起して、明石商業で夏の背番号を掴んだことも見事です…!

身長168cm・体重75kgと上背はないものの、マウンド上ではその姿が大きく見えましたね。

水上桂捕手のリードのもと、溝尾海陸投手のピッチングは明石商業にとって大きな武器になりますから、今後もその投球には注目していきたいと思います。

参考:水上桂(明石商)はイケメンキャッチャー|強肩に加えて打撃センスも

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック