<2019注目選手>

福田真夢(作新学院)の俊足に注目|中学日本代表のリードオフマンが凄い

作新学院で先頭打者として存在感を示す福田真夢(読み方は「ふくだ まなむ」)選手。

持ち前の俊足を武器に2019夏の甲子園でも活躍を見せていますが、中学時代にも日本代表で国際試合を経験した逸材ですね!

甲子園を駆け回る作新学院のリードオフマン・福田真夢選手を詳しく見ていきましょう。

 

福田真夢は中学時代から抜群の野球センス

出身の宇都宮シニアでは全国準優勝

福田真夢選手は宇都宮市立旭中学の出身で、野球では宇都宮シニアに所属していました。

この宇都宮シニアではチームの主力として中学3年時に全国大会へ出場。

その大舞台で準優勝に輝くなど、主に三番・センターで出場して素晴らしい成績を残していますね!

横山陽樹選手も中学時代から有名な選手でしたから、この辺りからも作新学院の強さが垣間見えます。

参考:作新学院・横山陽樹は中学世界一の四番|大阪桐蔭戦を糧に大きくなれ

日本代表としてワールドシリーズへ

高い実力が評価された福田真夢選手は中学日本代表に選出され、MCYSA全米選手権大会も経験しました。

この大会で日本は優勝を飾ったわけですが、日本代表として国際大会を経験したことは大きな財産になったでしょうね…!

ちなみに東海大相模の野口裕斗投手らもこのときの代表メンバーに名を連ねており、甲子園の舞台で当時のチームメイトと激突する可能性も十分に考えられます。

Sponsored Link

作新学院・福田真夢の攻撃力に注目

俊足を武器とした走塁センス

作新学院の先頭打者としてチームを引っ張る福田真夢選手は、グラウンドでの俊足ぶりが光ります。


50メートル6秒0の俊足を武器に甲子園初戦では3盗塁をマーク。

強打の作新打線においても、素晴らしい活躍を見せていますね!


中学では走力を磨くために陸上部にも所属しており、100メートルの県大会で3位入賞を果たした実績も持ちます。

ドラフト注目の好打者・石井巧主将らが後ろに控えていますから、福田真夢選手の出来が作新学院の勝ち上がりには大きな影響を与えるでしょう!

参考:石井巧(作新学院)はドラフトで兄に続くか|センス抜群の三番ショート

優れたミート力も

また作新学院の福田真夢選手はバットにも注目です。

ミート力が高いシャープなバッティングで、2019夏の栃木大会では4割5分の打率をマーク。

甲子園でも初戦で5打数3安打3得点と大車輪の活躍を見せました…!


岡山学芸館との一戦でも145キロ右腕・中川響投手からタイムリー二塁打を放つなど、 甲子園での勢いが止まりません。

作新学院が誇る俊足巧打のリードオフマンには、今後も大いに注目していきましょう!

参考:中川響(岡山学芸館)の球速は140キロ超|松坂桃李似のイケメンエース

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック