<2019注目選手>

智弁学園・塚本大夢のドラフトに期待|2年連続サイクルの打撃が凄すぎる

強打の智弁学園で先頭打者として圧倒的な存在感を放つ、右投げ右打ちの塚本大夢(つかもと ひろむ)選手。

2018・2019と2年連続で計3回のサイクルヒットを記録する偉業を達成しており、ドラフトにも注目が集まる強打者です。

2019夏の奈良大会決勝でも先頭打者ホームランを放っていますし、甲子園でも1打席目から目が離せませんね…!

優れた打撃センスが光る智弁学園・塚本大夢選手について特集していきましょう。

 

塚本大夢は中学時代に国際大会を経験

出身の奈良西シニアでホームラン

ドラフト注目の塚本大夢選手は奈良県の出身で、中学時代は奈良西シニアに所属。

当時から主にサードのポジションを務めており、チームの主力として中学3年時には全国大会出場に大きく貢献しました。

ジャイアンツカップの奈良予選では2本のランニングホームランを放つなど、長打力と俊足を武器にするスタイルは中学時代からの魅力ですね!

関西選抜で国際大会を経験

中学時代にもその野球センスが高く評価されていた塚本大夢選手は、中学3年時には関西選抜にも選出されています。

台湾で行われた国際大会も経験しており、智弁学園で2年春からレギュラーを獲得したのも納得の逸材と言えるでしょう。

ちなみに関西選抜では、紀州由良シニアで活躍していた智弁和歌山の西川晋太郎選手と共にプレーしていますね!

2019春の近畿大会では智弁学園に軍配が上がりましたが、夏の甲子園でも智弁対決は非常に楽しみです。

参考:西川晋太郎(智弁和歌山)の守備に注目|グローブの使い方がたまらない

Sponsored Link

智弁学園・塚本大夢はドラフト注目の強打者

高校通算ホームランは30本超え

一番・サードで智弁学園打線を引っ張る塚本大夢選手。ドラフト注目の強打者で、特筆すべきはその打撃センスでしょう。

鋭いスイングで長打力を兼ね備えており、2019夏の奈良大会決勝・高田商戦でも先頭打者ホームランを放ちました。

この一発で、高校通算ホームランは32本になりましたね…!

この大会では同じくドラフト注目の三番・坂下翔馬選手らと、12本のホームランを放ち奈良大会のチーム新記録を樹立。

塚本大夢選手から始まる打線は相手チームにとっても脅威でしょう。

「ホームランよりもチームの勝利」と語るリードオフマンは頼もしさを増すばかりです…!

参考:坂下翔馬(智弁学園)はドラフトも注目|小中学で全国制覇の最強主将

抜群の身体能力

鋭い打球を連発するバッティングに注目が集まる一方で、塚本大夢選手は身体能力の高さも評価されている選手です。

サイクルヒットを記録していることからもわかるように俊足も兼ね備えており、50メートル6秒0の足も見逃せません。

智弁学園は名将・小坂将商監督の元、そつのない野球に強さを感じますが、塚本大夢選手の積極的な走塁もまさにチームの象徴と言えるでしょう。

加えて、遠投100メートルの強肩を活かしたサードの守備も安定感がありますから、甲子園でも攻守での活躍が本当に楽しみですね!

四番に座る左の強打者・前川右京選手や奈良大会でも好投を見せた西村王雅投手ら、1年生をグイグイ引っ張っていってほしいと思います。

参考:前川右京(智弁学園)がホームラン量産|プロ注目の兄弟スラッガー対決は

Sponsored Link

智弁学園・塚本大夢は3回のサイクルヒット【動画有】

最後に塚本大夢選手が達成した3度のサイクルヒットを見ていきましょう。

2年連続の偉業達成はなかなか出来ることではないですから、ドラフト候補として注目を浴びるのも何ら不思議ではありませんね…!

1回目:2018春の2回戦・西和清陵戦

まず初のサイクルヒットに関してですが、2018春の奈良大会2回戦・西和清陵との一戦で達成しました。

塚本大夢選手は三番・サードで出場しています。

この試合での打撃内容は以下の通りです。

センターオーバーの二塁打
レフトスタンドへの本塁打
レフト前への単打
左中間(センター寄り)への三塁打

2年生だった2018年にはさほど慣れていなかったのか、ホームランでも全力で塁上を回っているのが印象的ですね!

センターへの当たりを三塁打にする俊足もやはり塚本大夢選手の大きな武器だと感じます。

2回目:2019春の準々決勝・一条戦

続いて2回目は、2019春の奈良大会準々決勝・一条との試合でした。

先頭打者として一番・サードで出場しています。

この試合での打撃内容は以下の通りです。

レフト線への二塁打
レフトスタンドへの本塁打
右中間への三塁打
センター前への単打

この1年間で高校通算ホームラン数も一気に伸びたため、悠然とダイヤモンドを回るようになりました…!

また右中間への打球は変化球を上手く引き付けての当たりでしたから、このあたりからも塚本大夢選手が高い打率を残す理由がわかりますね。

3回目:2019春の決勝・郡山戦

3回目のサイクルヒット達成は2019春の奈良大会決勝です。

この大会で2度もサイクルを記録しているのは尋常じゃないですね…!郡山戦でも塚本大夢選手は素晴らしいバッティングを見せました。

左中間への本塁打
レフト前への単打
ライトへ流して三塁打
ライトへの二塁打

先頭打者ホームランを放ったにも関わらず、ネクストで待つ坂下翔馬選手が平然としているのが印象的ですね!

もはや今となっては特に珍しいことでもないのでしょう。

ピックアップした試合に限ったことではないですが、右方向への打球が格段に増えている点からも塚本大夢選手の成長が見てとれます。

4回目を甲子園で観られたら、もう何も言うことはありません…!

ドラフト注目の塚本大夢選手が見せる最後の夏の戦いに、大いに注目していきましょう。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック