注目の戦いシリーズ

明石商業と智弁和歌山の対戦は最強の一番打者を決める戦いでもある

2019年春のセンバツ甲子園、3月31日に行われる準々決勝の第4試合では兵庫・明石商業と和歌山・智弁和歌山が対戦することになりました。

この二校は2018年秋季近畿大会の準決勝でも顔を合わせており、その試合では12対0の五回コールドで明石商業が大勝。

こんなに早く再戦が観られるということで早くも話題になっていて、打線好調の両校に投手陣がどう立ち向かうか。あるいは、明石商のエース中森俊介が智弁和歌山の三番・黒川史陽、四番・東妻純平をどう抑えるかなど見どころが満載のゲームとなります。

ただ、個人的にはこの試合は最強のトップバッターを決める戦いになるのではないかと。

自分が楽しみにしているだけと言えばそうなるのですが、そんな超主観で好カードを見ていきたいと思います。

 

この試合は最強の一番打者を決める試合になる

まず大前提として、野球というスポーツが団体競技である以上「誰のおかげで勝った(あるいは負けた)」という理屈は成り立たないと思っています。たとえサヨナラボークだろうと逆転満塁ホームランだろうと。

それ故に誰か(特定の選手)の出来が試合を決めるという言い方は本来おかしいのですが、それでも今回は言いたいのです。

この一戦は一番打者の出来で決まる、と。

明石商・来田涼斗選手智弁和歌山・細川凌平選手。「一番・センター」という共通点を持ち、同じく左打席に立つ二人の対戦を心待ちにしている高校野球ファンは少なくないでしょう。


互いに2020年のドラフト候補として注目を集める2年生ということで、僕も楽しみで仕方がありません。

それぞれ2年生とは思えない存在感を放っている二人ですし、実際に前回の対戦では、来田涼斗選手が爆発したことにより明石商業が大勝を収めています。

相手投手としては間違いなく先頭打者をどう抑えるかが焦点になってくるでしょう。

強い警戒の中でどんなバッティングを見せるのか、センバツからこんなにワクワクできるとは平成も悪くないですね…!

 

来田涼斗と細川凌平のセンバツ成績比較

両チームとも2試合を勝ち抜き準々決勝へと駒を進めたわけですが、二人の2試合の出来はどうだったのか。見てみたところ、以下のような成績となっていました。

来田涼斗(明石商業):7打数3安打3四球

細川凌平(智弁和歌山):11打数2安打1四球

たかだか2試合の比較をしたところで何になるんだ、ということはぶっちゃけ僕も感じていますが、2試合とも大差で勝ち上がった明石商業の来田涼斗選手が好調を維持しているように感じますね。選球眼の良さも数字に表れています。

ただ、それぞれが三塁打を記録するなどやはりこの二人からは目が離せません。細川凌平選手の場合はそれが啓新戦の7回でダメ押しとなる2点タイムリーヒットでしたし、左中間への打球を三塁打にする走力は言わずもがな。

ちなみに前回対戦の2018秋季近畿大会準決勝では、来田涼斗選手が4打数3安打5打点(1ホームラン)と大暴れだったのに対し、細川凌平選手も中森俊介投手を相手に3打数1安打の成績を残しています。

試合の鍵も握るそれぞれの初回の打席で、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか。第一打席に注目していきましょう。

 

世代を牽引する二人の対戦はどちらに軍配が上がるか

2018年のドラフトでは大阪桐蔭・根尾昂選手(中日)と報徳学園・小園海斗選手(広島)が同じショートのポジションで注目を集めていましたが、来田涼斗選手と細川凌平選手もまたプロのスカウトを悩ませることになりそうな予感がします。

一部では高卒での開幕スタメンを勝ち取った藤原恭大選手(ロッテ)に匹敵するとも言われている二人ですし、これからの高校野球界を牽引していく存在であることは間違いないでしょう。

個人的には、智弁和歌山が秋の雪辱を果たす展開になると今後がまた盛り上がりそうで燃えるのですが…!

次世代を担う二人の左バッターはどちらが最強一番打者に君臨するか。

2019センバツの準々決勝、第四試合に注目です。

 

※3/31追記

終盤までもつれた熱戦は4対3で明石商業がサヨナラ勝ちを収めました。2019年春のセンバツでベストゲームを選ぶとしたら間違いなくこの試合を選ぶと思います。

ちなみに注目のトップバッター対決は

来田涼斗:4打数2安打
細川凌平:3打数0安打

となり、試合結果同様、この試合での軍配は来田涼斗選手に上がりました。

というか、記録した2安打が先頭打者ホームランとサヨナラホームランという、とんでもない記録を打ち立てました…!甲子園史上初の快挙ということでその名を一気に全国に轟かせましたね。

この二人の対決には今後も注目していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック