2021新入生特集

常総学院の2021新入生は?メンバーは即戦力級が揃いベンチ入り熾烈

関東でも屈指の強豪として知られ、全国からハイレベルな選手たちが野球部の門を叩く常総学院。

2021年の新入生も全国レベルのチームで主力を務めた選手をはじめ、ポテンシャルの高いメンバーが揃っています。

この記事では、常総学院の2021新入生から注目選手をピックアップしていきましょう。

参考:横浜高校の2021新入生は?メンバーは投打に逸材が揃い覇権奪還に期待

常総学院の2021新入生メンバーの注目選手【投手】

常総学院の2021新入生から、投手陣の注目選手を見ていきましょう。

まず右腕で注目なのは、浦和シニア出身の中林永遠投手です。

中学時代には2年時からエースナンバーを背負い、チームの全国準優勝に貢献したピッチャー。さらに3年時には打線の中軸でも活躍し、チームを全国大会出場に導きました。

181cmの長身から投げる角度のあるボールは大きな武器になっていますし、常総学院でも2021春の大会から早々にベンチ入りを果たしています。

次世代のエース候補として期待の逸材ですから、高校でもマウンドを任されるのが楽しみですね!

また、京葉ボーイズ出身の吉植一真投手も見逃せません。

中学時代は2年時から投手陣の一角として活躍し、2年夏の全国大会決勝でもリリーフで登板するなど、全国春夏連覇に大きく貢献した本格派右腕です。

身長180cm・体重84kgの恵まれた体格で将来性を感じるピッチャーですし、常総学院でも投手陣を引っ張る存在になってくれることに期待しています。

Sponsored Link

常総学院の2021新入生メンバーの注目選手【野手】

捕手の注目選手

続いて常総学院の2021新入生から、野手陣の注目選手をピックアップしていきます。

捕手の注目したいメンバーは、筑波ボーイズ出身の川上大宝選手

中学時代は主力としてチームを牽引し、東日本報知オールスターの茨城県選抜のメンバーにも選ばれていました。

扇の要となっていた一方でバッティングでは四番を務めていた選手ですから、高校でも勝負強い打撃には注目です!

内野手の注目選手

次は常総学院の2021新入生から、注目の内野手を見ていきましょう。

内野手で注目したいのは、千葉ロッテマリーンズジュニア出身の山﨑玲恩選手

NPBトーナメントのファイターズジュニアとの試合では、チャンスの場面で左中間に二塁打を放つなど、当時から抜群の打撃センスを見せていた右打者です。

中学時代は硬式野球チームの松戸中央ボーイズに所属し、東日本報知オールスターの千葉県選抜にも選出。東日本報知オールスターでは三番・ショートで2試合に出場し、持ち前のパンチ力で豪快なホームランも放っていましたね!

常総学院でも攻守の中心への成長が期待されるメンバーだけに、スタメンに起用される日が楽しみです。

内野手でもう1人注目したいのが、江戸崎ボーイズ出身の吉田飛勇選手です。

中学時代は下級生のときからレギュラーを掴み、チームの全国大会出場にも貢献。3年時にはショートを務め、打撃でも三番を任されるなど攻守の中心となっていました。

個人でも東日本報知オールスターの茨城県選抜に選出されていた実力の持ち主ですから、常総学院でも主力での活躍に期待したいですね!

外野手の注目選手

最後は常総学院の2021新入生から、注目の外野手を見ていきましょう。

外野手の注目は、横浜中央ボーイズ出身の佐伯総真選手です。

中学時代は持ち前の長打力を武器に、打線の中軸で活躍。出場したベイスターズカップでは、初戦のオセアン横浜ヤング戦で二塁打、続く準決勝の中本牧シニア戦で三塁打を放ち、長打力を見せつけていました。

鋭いスイングを持ち味とする右の強打者ですから、常総学院でもクリーンナップを任されるような選手に成長してくれるのではないでしょうか。

Sponsored Link

常総学院の2021新入生は投打にハイレベルなメンバー

常総学院の2021新入生から注目選手を見てきましたが、さすがのハイレベルな顔ぶれですね!

現時点でチェックしきれていないメンバーも多いため、随時追記していきたいと思います。

1学年上の世代では太田和煌翔選手らが1年秋から試合に出場していますが、2021春に野球部に加入する新入生からはどのメンバーが台頭してくるのでしょうか。

常総学院の今後の戦いにも注目しつつ、2021新入生の成長を追いかけていきたいと思います!

参考:【高校野球2021】新入生メンバーを特集!全国の注目選手をチェック

2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック