2021新入生特集

花咲徳栄の2021新入生は?野球センスに注目のメンバーは埼玉屈指

ドラフトでプロ入りする選手を輩出するなど、強豪校がひしめき合う埼玉でも強烈な存在感を示している花咲徳栄。

2021春に野球部へ加わる新入生メンバーも全国大会準優勝チームの主軸をはじめ、これからも埼玉の高校野球を盛り上げてくれそうな面々が集まっています。

この記事では、花咲徳栄の2021新入生メンバーから注目選手をピックアップしていきましょう。

参考:浦和学院の2021新入生は?メンバーは投手を中心に期待の顔ぶれ!

花咲徳栄の2021新入生メンバーの注目選手【投手】

まずは花咲徳栄の2021新入生メンバーから、投手陣の注目選手を見ていきましょう。

左腕で注目したいのは、東北の宮城中央ボーイズから花咲徳栄に進路を決めた高橋一英投手です。

中学2年時から主戦投手として活躍していたピッチャーで、3年時には東北支部オールスターの選抜メンバーにも選出されていました。

高校へ入学する2021春の時点でストレートの最速は137キロをマークしていますし、178cmの体格も高校でさらに力強さを増すのではないでしょうか。

投手の二人目は、熊谷シニアのエースを務めた飯島大聖投手

小学時代には西武ライオンズジュニアに選出され、ドラゴンズジュニア戦ではリリーフで登板も果たしていました。

中学の熊谷シニアでも活躍していた本格派左腕で、中学2年の夏の時点で球速130キロに迫るストレートを投げ込んでいます。

力強さに加えて高い制球力も持っているピッチャーですし、花咲徳栄でも投手陣の柱への成長が期待されるメンバーです!

そして投手の最後に紹介したいのは、兵庫夢前ヤング出身の武田悠作投手です。

小学時代には阪神タイガースジュニアに選ばれており、出場したNPBジュニアトーナメントでは、決勝のドラゴンズジュニア戦でリリーフ登板するなどチームの準優勝に大きく貢献。

中学時代は兵庫夢前ヤングの主戦投手としてチームを引っ張り、姫路市長杯争奪市民野球大会や相生市長旗争奪戦大会の優勝に導きました。

スリークウォーターからのストレートは非常にキレがありますし、鋭く曲がる変化球とのコンビネーションで花咲徳栄でも早くにマウンドを任される可能性は十分でしょう。

Sponsored Link

花咲徳栄の2021新入生メンバーの注目選手【野手】

捕手の注目選手

続いて花咲徳栄の2021新入生メンバーから、野手陣の注目選手を見ていきましょう。

まず捕手のポジションで注目したいのは、札幌東シニアで正捕手を務めた大川原怜王選手です。

中学3年時に出場した「2020 FIGHTERS BASEBALL CHAMPIONSHIP U15」では、投手陣を巧みにリードしてチームの準優勝の立役者となりました。

身長173cm・体重78gとがっちりした体格も魅力ですし、パワーをいかしたバッティングにも注目の左打者です。

内野手の注目選手

続いて花咲徳栄の2021新入生から、内野手の注目選手を挙げていきたいと思います。

内野手で注目したいのは、神戸須磨クラブで主軸を務めた増田空選手です。

中学3年時に出場した全国大会では主に三番・サードで出場し、全国大会準優勝のチームで中心メンバーとして活躍していた左の巧打者。

準決勝の京都ヤングフレンド戦ではレフトオーバーの二塁打を放つなど、逆方向へも大きな打球が打てる高い技術も魅力です。

一方の守備では強肩をいかしたスローイングも見せていますし、早い時期から実戦経験を積んで花咲徳栄でも中心選手へと成長してほしいですね!

外野手の注目選手

最後は花咲徳栄の2021新入生から、外野手の注目選手を見ていきましょう。

外野手で注目の1人目は、川口シニア出身の多田雅紀選手です。

中学時代は持ち前の長打力でチームを牽引し、台湾遠征の北関東選抜メンバーにも選出されていました。

身長175cm・体重75kgとバランスの取れた体格も魅力ですし、巧打の左打者として期待ですね!

また外野手では狭山西武ボーイズ出身の吉川琉陽選手も見逃せません。

小学時代には西武ライオンズジュニアにも選出され、楽天イーグルスジュニア戦ではリリーフでも登板していました。

中学時代は投手とセンターを主に務めていた一方で、リードオフマンとしても活躍していた野球センスの持ち主。

投手の経験を生かした強肩に加え、俊足をいかした広い守備範囲も見せるなど身体能力の高さも楽しみなメンバーの一人です!

Sponsored Link

花咲徳栄は2021新入生も埼玉屈指のメンバー

花咲徳栄の2021新入生から注目選手をピックアップしてきましたが、やはり投打にポテンシャルの高い選手が揃っていますね。

これから先も激戦区の埼玉をリードしていくチームの1つであることは間違いないですし、ハイレベルなメンバーの中でどこまで進化を遂げるかが楽しみです。

2020秋の大会でも1学年上の熊倉柚投手がベンチ入りを果たしていましたが、2021新入生はどこまで競争に割って入っていけるのかも見もの。

花咲徳栄の野球部の躍進にも注目しつつ、新入生メンバーの成長を追いかけていきたいですね!

参考:花咲徳栄の2020新入生を特集!次世代の注目選手をピックアップ

2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック