2023ドラフト野手

青山達史(智弁和歌山)はドラフト期待|ホームランに注目の長距離砲

中学時代は強豪・世田谷西シニアの中軸で活躍し、2021春からは智弁和歌山の野球部に加入した青山達史(あおやま たつふみ)選手。

中学でも柵越えの特大ホームランをかっ飛ばしている右のスラッガーで、高校でも即戦力として期待が膨らみます。

世田谷西シニアでは四番・センターで活躍してきた世代屈指の野手は、高校からのドラフトも十分に狙えるポテンシャルの持ち主なんですよね…!

智弁和歌山でも打線を引っ張る存在になるであろう、青山達史選手を特集していきましょう。

参考:智弁和歌山の2021新入生は?強力メンバー加入で熾烈な争い必至!

青山達史の小学時代は横浜ベイスターズジュニア出身

右投げ右打ちの青山達史選手は小学時代、北加瀬山崎町子ども会野球部に所属していました。

当時から投打で高いポテンシャルを見せつけており、宮本慎也杯でも痛烈な当たりを連発して宮本慎也賞に輝いていました。

さらに青山達史選手は、小学6年時には横浜DeNAベイスターズジュニアにも選出。

五番・ファーストで出場したソフトバンクジュニアとの一戦では、豪快なホームランを叩き込んでいましたね…!

さらにオリックスジュニア戦では先発ピッチャーとしても活躍していますし、青山達史選手が小学時代から野球センスで注目を集める選手だったことは間違いありません。

Sponsored Link

青山達史の中学は世田谷西シニアでホームラン

青山達史選手は中学に進んだ後、強豪の世田谷西シニアでプレーしていました。

ハイレベルな選手が集う世田谷西シニアでも四番を任されていたことが、ポテンシャルの高さを物語っていますよね…!

全国大会の2回戦・大分中学シニア戦では、3ランホームランを叩き込んで試合を決めています。

0対0で迎えた6回裏のホームランがチームに勝利を呼び込んだことはもちろん、大阪シティ信用金庫スタジアムの左中間へ運んだことが何より凄いです。

推定125メートルとも言われており、超中学級の長打力であることは疑いの余地がありません。

Sponsored Link

智弁和歌山・青山達史はホームランに期待の長距離砲

2021春から智弁和歌山の野球部に加入した青山達史選手ですが、やはり注目したいのは長打が期待できるバッティングです。

身長184cm・体重78kgの恵まれた体格は高校でも見劣りしないだけの迫力がありますし、中学通算12本のホームランを放っている打力は本物です。

智弁和歌山でも1学年上にはドラフト期待の左打者・岡西佑弥選手がいますが、近い将来はともにクリーンナップで打線を引っ張るだけの力は十分に持ち合わせています。

また青山達史選手は中学時代からライトスタンドにもホームランを記録していて、広角へ長打を期待できる点も大きな魅力のひとつ。

智弁和歌山の強力打線でもぜひ中心となって、自慢のバッティングで高校野球ファンを沸かせてほしいものです!

参考:岡西佑弥(智弁和歌山)は中学日本代表|橿原ボーイズ出身の怪物に注目

Sponsored Link

青山達史は抜群の身体能力も智弁和歌山の武器

ホームランに期待のバッティングが光る一方で、青山達史選手は身体能力の高さも見ものです。

特に強肩も素晴らしいものがあり、中学の時点で遠投95メートルということで投手を経験していただけあってスローイングの良さも見逃せません。

試合前のシートノックから、青山達史選手が外野で魅せる強肩には注目したいですね…!

同世代でショートを守る小畑虎之介選手らと並んで守備でも貢献できる選手ですし、長距離ヒッターでありながらスピードも兼ね備えている点も見逃せません。

攻守に渡って智弁和歌山の中心選手になれる実力の持ち主だけに、高卒でのドラフトも十分にありえるのではないでしょうか。

早い時期からスタメンでの活躍を楽しみにしつつ、青山達史選手が全国の高校野球ファンを沸かせてくれる日を楽しみにしたいと思います!

2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック