2021注目の投手

若山恵斗(東海大甲府)の完成度に注目|球速も期待の左腕が凄い

山梨の強豪・東海大甲府で2019秋から投手陣の一角で活躍し、2020秋からはエースナンバーを背負っている若山恵斗(わかやま けいと)投手。

球速140キロに迫るキレのあるストレートを武器に、変化球の精度にも定評のあるサウスポーです。

2020秋の関東大会では抜群のコントロールを軸に安定したピッチングを見せ、チームのベスト4進出・2021春のセンバツ甲子園当確に大きく貢献していました。

東海大甲府のエースとして注目を集める、若山恵斗投手を特集していきましょう。

参考:東海大甲府の2021メンバーは?注目選手を攻守でピックアップ!

東海大甲府・若山恵斗は完成度に注目のピッチャー

優れたコントロール

2020秋は安定感抜群の投球で東海大甲府を関東大会ベスト4に導いた若山恵斗投手ですが、まず注目したいのは抜群のコントロールです。

四死球を出すことが極めて少ないピッチャーで、捕手が構えたコースに投げ込む技術に長けています。

2020秋の関東大会1回戦・細田学園戦でも、持ち前のコントロールを活かして無四球の完投でチームの勝利に貢献。テンポの良いピッチングで、野手陣にもリズムをもたらしていました。

優れたコントロールは若山恵斗投手の大きな武器になっていますし、持ち味をいかした投球に引き続き注目していきましょう!

変化球の精度

優れたコントロールだけでなく、精度の高い変化球も武器にする若山恵斗投手。

球種の中でも落差の大きいスライダーは切れ味抜群で、2020秋の大会でも多くの空振りを奪っていたボールです。

変化球を有効に使えるため奪三振率も高く、甲子園の舞台で強力打線を相手にどんなピッチングを見せるかが楽しみですね…!

緩急を使った投球術でも相手チームを翻弄していきますから、若山恵斗投手は完成度が高いピッチャーとして話題になっても不思議ではありません。

Sponsored Link

東海大甲府・若山恵斗は球速以上のキレ

抜群のコントロールや精度の高い変化球を操る一方で、最速140キロに迫るキレのあるストレートも相手チームの脅威になっている若山恵斗投手。

2020秋の時点で最速は139キロをマークしていますが、球速以上にスピードを感じさせるボールになっています。

2020秋の大会でも打者が差し込まれる場面が目立っていましたし、このストレートをコーナーにしっかり投げ分けられると打ち崩すのは簡単ではありません。

身長173cm・体重76kgと下半身もがっちりしていますし、高校最後の2021シーズンにかけてさらに球速も伸びてくるでしょうね…!

中澤空芽選手をはじめ堅守を誇る野手陣はディフェンス力が高いため、山梨屈指の好左腕として中心で輝きを放つ若山恵斗投手の活躍はぜひとも注目していきましょう。

参考:中澤空芽(東海大甲府)は堅守が光る|東練馬シニア出身の注目野手

Sponsored Link

若山恵斗は牽制の巧さにも注目のピッチャー

1つ1つのボールも素晴らしいキレを誇る若山恵斗投手は、牽制の巧さも見逃せません。

2020秋の関東大会・細田学園戦では2回、3回、6回と一試合の中で3回も牽制でアウトを奪うなど、牽制の技術はピカイチ。

高い牽制技術の理由は、東海大甲府のチームメイト・加藤太陽投手とともに、左足の上げ方やタイミングを研究していたそうですね…!

牽制でアウトを取れることで試合の流れも大きく変わりますから、ランナーを背負った状況での若山恵斗投手も見ものです。

Sponsored Link

若山恵斗は東海大甲府で全国区になれる

2020秋から東海大甲府のエースを任され、チームの関東大会ベスト4の立役者となった若山恵斗投手。

抜群のコントロールをいかした投球は安定感抜群ですし、高い精度を誇る変化球も大きな魅力です。

くわえて、球速140キロに迫るストレートでも相手打者を押し込んでいけるんですよね…!

かなり完成度の高いピッチャーですし、球速が伸びてくると2021ドラフト候補として話題になってもおかしくないポテンシャルの持ち主。

猪ノ口絢太選手をはじめ力のある打者が揃うだけに、守備面で中心となって全国区になってほしいところ。

東海大甲府の大黒柱・若山恵斗投手のピッチングに注目しつつ、これからのマウンドさばきも引き続き追いかけていきましょう!

参考:猪ノ口絢太(東海大甲府)はドラフト期待|抜群の打撃センスは全国区

2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック