2020新入生特集

東北の2020新入生は?メンバーは注目選手が勢揃いで優勝期待!

プロ野球選手も輩出するなど、宮城県の強豪として毎年注目を集めている東北高校。

2020春に野球部に加入した新入生のメンバーもハイレベルな選手が揃い、高校野球ファンを沸かせてくれそうです。

この記事では、東北高校の2020新入部員から注目選手をピックアップしてみました。

参考:聖光学院の2020新入生は?バッテリーを中心に優勝争い期待!

東北の2020新入生メンバーの注目選手【投手】

東北高校の2020新入生から、まずは投手陣のメンバーを見ていきましょう。

はじめに注目選手として挙げたいのが、橿原磯城シニア出身の小倉勝貴投手です。

身長180cm・体重79kgと均整のとれた体格から、最速140キロに迫るストレートを軸としたピッチングは高校でも即戦力になるのではないでしょうか。

西日本選手権ではベストナインにも輝くなど、申し分ないポテンシャルの持ち主。

東北高校でも投手陣の柱になれるメンバーですから、2020新入部員のなかでもマウンドでの存在感には注目ですね…!

また、東北楽天シニア出身の佐藤優思投手も見逃せません。

最速130キロ超のストレートを武器にする本格派右腕で、直球に加えてチェンジアップなど変化球の精度も素晴らしいものがあります。

小学の楽天イーグルスジュニアや中学時代にも全国の舞台を経験していますし、外野手のポジションでも活躍できるメンバーだけに今後が本当に楽しみです。

続いて、奈良西シニア出身の小片大誠投手にも期待です。

中学3年時には主力として全国大会も経験するなど、強豪チームでも中心で活躍していたメンバー。

ピッチャーを務める一方でクリーンナップを打つなど投打に実力を示していた選手でしたから、東北高校でもいかに頭角を現すかは注目したいところです。

Sponsored Link

東北の2020新入生メンバーの注目選手【野手】

内野手の注目選手

続いて東北高校の2020新入生から、野手のメンバーを見ていきましょう。

まずこの世代で注目したいのが、東北楽天シニア出身の遠藤琉信選手です。

東北楽天シニアでも四番を務めていた右の強打者で、鋭いスイングを武器にしたパワフルなバッティングは見もの。

中学時代には全国ベスト8も経験するなど、何度も全国の舞台に立っている豊富な経験の持ち主でもあります。

チャンスでの勝負強さも兼ね備えた強打者だけに、東北高校でも間違いなくクリーンナップを務めるメンバーになるでしょう。

また、南大阪ベースボールクラブ出身の福永悠真選手も東北高校の新入部員になります。

守備力の高さを持ち合わせた内野手で、高校でもその野球センスを発揮してくれることに期待。

2020秋からベンチ入りを果たすなど、スタメンにも近いメンバーのひとりと言えるでしょう。

外野手の注目選手

最後に外野手のメンバーからは、まず盛岡姫神シニア出身の金井翔陽選手に注目です。

中学時代には東北選抜のメンバーにも選出され、投手でもエース格として活躍していた身体能力抜群の選手。

小学時代にも楽天イーグルスジュニアに選ばれるなど、早くから上の舞台を経験している選手だけに、東北高校でも2020新入生メンバーの中心になっていくでしょう。

また、大館シニア出身の柴田昌吾選手にも注目です。

ミート力の高さが際立つ選手で、攻守にバランスのとれたプレーが魅力の外野手。

2020秋にも二番・レフトでスタメンに名を連ねるなど、チャンスメーカーとしてこの先も期待したいメンバーですね!

そして、利府町立利府西中学出身の伊藤千浩選手は要チェック。

中学時代にはチームの主力で活躍したほか、宮城県選抜のメンバーにも選ばれていた強打者です。

身長180cm超の恵まれた体格からスイングスピードも速く、鋭い打球を連発するバッティングは高校でも即戦力級。

2020秋から四番に座っていますし、東北高校の主軸として大いに期待したいメンバーですね!

Sponsored Link

東北高校の2020新入部員メンバーも逸材揃い

東北高校の2020新入部員を見てきましたが、攻守にポテンシャルの高いメンバーが野球部に加入しています。

これからも宮城の優勝争いに食い込んでくるでしょうし、高校野球ファンとしては目が離せないですね…!

東北の躍進にこれからも期待しつつ、メンバーの活躍ぶりも追いかけていきましょう!

参考:仙台育英の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で将来性抜群

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック