2021注目の投手

池本琳(東海大相模)は中学で全国優勝|球速も注目の二刀流に期待

中学時代は強豪・世田谷シニアの主力で活躍し、2019春から東海大相模でプレーしている池本琳(読み方は『いけもと りん』)投手。

力のあるストレートと制球力を兼ね備える注目の右腕で、広角に長打を打てる打撃センスでも注目を集めています。

小学時代は調布リトルで世界大会にも出場し、世田谷西シニアでは全国優勝も経験している逸材。

東海大相模でも投打にわたり活躍が期待される、池本琳投手を特集していきましょう。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

池本琳の小学時代は調布リトルで世界大会出場

右投げ右打ちの池本琳投手は小学生時代、調布リトルに所属していました。

当時から抜群の野球センスで主力となり、チームの中心選手として躍動。

2016全国大会決勝ではホームランを放つなど日本一に大きく貢献し、世界大会への出場を果たしました。

早い時期に国際試合の経験をできたことは池本琳投手にとっても大きいでしょうし、日本代表への選出にも期待したいですね!

Sponsored Link

池本琳は中学の世田谷西シニアでも全国優勝

調布リトルで世界大会に出場したのち、世田谷シニアでプレーしていた池本琳投手。

世田谷シニアでもエースを任され、投打で強豪チームを牽引していました。

2017夏のリトルシニア日本選手権、2018春のリトルシニア選抜野球大会と二度の全国制覇にも貢献し、個人でもノーヒットノーランも記録するなど圧巻のピッチングをみせていましたね…!

また池本琳投手は、世田谷シニアで中学生の注目選手としてTBS「炎の体育会TV」への出演も果たしており、全国的にも注目を集めています。

中学時代から世田谷西シニアのエースで進路が注目されていた池本琳投手ですが、2019春から東海大相模に進路を取りました。

東海大相模でも軸となれるポテンシャルを秘めている選手ですから、これからの活躍に注目していきましょう!

Sponsored Link

東海大相模・池本琳は球速に注目の本格派

最速140キロ超に期待

世田谷シニアでは全国制覇も経験し、高校入学当時から活躍が期待されていた池本琳投手ですが、ストレートの球速には期待です。

中学時代には最速135キロを記録していて、同世代の中ではトップクラスとも言える球速を誇っていました。

中学時代からがっちりした体格をしていましたし、東海大相模に入学後も成長していることは間違いありませんから、中学時代より球速はアップしているでしょう。

最速140キロを超えてくる能力を秘めた投手であることは確実ですし、公式戦で躍動する姿を見せてほしいですね!

制球力の高さも見もの

ストレートの球速に注目が集まる一方で、制球力の高さにも定評のある池本琳投手。

世田谷シニアでも低めにしっかり投げ込み、少ない球数で打者を打ち取る投球が際立っていました。

高校野球でも球数制限がありますし、少ない球数で打ち取れるということは長いイニングを投げられることにもつながっていきます。

東海大相模の同世代には金城龍輝投手ら力のある右腕が揃いますから、共に強力投手陣を形成してほしいところ。

球速140キロ超のストレートがコーナーに決まってくると、打ち崩すのは相当難しいでしょうから、完成度の高いピッチングを存分に見せつけてほしいですね…!

参考:金城龍輝(東海大相模)の中学時代の球速は?父兄に匹敵の野球センスに注目

Sponsored Link

池本琳は打撃センスも東海大相模の武器

投手としての能力だけでなく、抜群の打撃センスも池本琳投手の大きな武器です。

特に注目したいのは広角に長打を打てることで、巧みなバットコントロールとパンチ力を兼ね備えている打者だと言えるでしょう。

東海大相模でも試合経験を積んでいければ、バッティングでチームに貢献できる力は秘めている選手ですね!

東海大相模への入学後はパワーもついてきているでしょうから、公式戦で観られるのが非常に楽しみです。

小学時代は世界大会出場、中学時代は全国制覇を果たし、世代のトップを走ってきた池本琳投手。

中学時代には初動負荷トレーニングに取り組むなど、自分で考えて練習に取り組める思考力にも長けているピッチャーです。

2020秋からの新チームでは、柴田疾投手らと並んで投打に存在感を示してくれることに期待。

投打にわたり高いポテンシャルを持っている池本琳投手の覚醒を楽しみにしつつ、今後の活躍に注目していきたいと思います!

参考:柴田疾(東海大相模)は球速に期待|中学は横浜東金沢シニアで二刀流

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック