2021注目の外野手

林悠永(国士舘)は打撃センスに注目|ヒット量産に期待の巧打者

東京の強豪・国士舘で1年の2019秋からスタメンに名を連ねている林悠永(読み方は「はやし ゆうと」)選手。

センターを中心に鋭いライナーを弾き返す右の巧打者で、外野手としても高い守備力で注目を集めています。

2019秋の東京大会ではリードオフマンを務め、チームの優勝に大きく貢献した選手の一人でしたね!

国士舘で攻守にわたって存在感が際立つ、林悠永選手を特集していきましょう。

林悠永の中学時代は東京日野シニア出身

右投げ右打ちの林悠永選手は、軟式野球チームのリトルキングスで野球を始めました。

中学への進学後には、硬式野球チームの東京日野シニアに入団。全国大会出場などの実績こそなかったものの、当時から野球センスは光るものを見せていましたね。

野球に懸ける想いを東京日野シニアの指導者に伝えたところ、国士舘OBの指導者から国士舘への進学を勧められたといいます。

国士舘でも1年の2019秋からスタメンで結果を残していますし、さらなる飛躍に期待したいですね!

Sponsored Link

国士舘・林悠永は抜群の打撃センスに注目

打率が高い右打者

2019秋の東京大会ではトップバッターとして優勝に大きく貢献していた林悠永選手ですが、注目したいのは抜群のミート力です。

スタメンで出場した2019秋の東京大会では5試合で4割7分1厘の打率を残し、高い出塁率で多くのチャンスを作り出していました。

秋季東京大会準決勝の城東戦でも5打数3安打1打点の活躍で勝利に貢献。

得点圏にランナーを置いた場面での勝負強さも光っていましたし、国士舘のクリーンナップでも活躍が期待できそうな選手ですね!

センター中心に弾き返す

高打率に期待できる林悠永選手のバッティングの特徴は、コースに逆らわず打てる点です。

センターを中心に鋭いライナー性の打球を多く弾き返していますが、2019秋・決勝の帝京戦でも3安打の猛打賞を記録し、外野の間を抜く長打を放つなどパンチ力も見せていました…!

打席ではすり足でタイミングを取るのも林悠永選手の特徴の1つで、変化球へも高い対応力を発揮していますね!

同地区の帝京・杉本直将毅選手らとは、互いに打線を牽引する存在となるでしょう。

身長171cm・体重62kgと体格的にもまだまだ伸びしろがありますし、国士舘でパワーが備わってくるとさらにおもしろいバッターになりそうです。

参考:杉本直将毅(帝京)の俊足はドラフト級|中学は東練馬シニアで全国準V

Sponsored Link

林悠永は国士舘で外野の守備力にも磨き

トップバッターも務める打撃センスだけでなく、守備力でもチームに貢献している林悠永選手。

2019秋の東京大会では主にレフトを守っていましたが、持ち前のスピードを活かして広い守備範囲を見せていました。

また遠投100メートルの強肩の持ち主でもあり、外野からのスローイングも見もの。

高校に入ってから外野手へ転向したという林悠永選手は「フライの落下地点を見極めるのが難しい」と語っていましたが、練習を重ねることで守備力を磨いてきたということですね!

打球へのスタートなど更なる守備力アップも楽しみにしたい選手です。

Sponsored Link

林悠永は国士舘の中心選手になる

2019秋の東京大会では打線を引っ張る存在として、林悠永選手は国士舘の優勝に大きく貢献しています。

ヒットを量産しているバッティングには注目ですし、これからも打線の中軸を担っていくことは間違いないですね!

夕飯には1.2kgの白飯を食べるなどパワーアップを目指していて、身体の厚みが増すことにも期待。

同じく1年からスタメンを勝ち取っている清水武蔵選手とは2020夏の甲子園でもベンチ入りしており、今後も国士舘の中心で暴れまわってほしいものです。

林悠永選手は高校野球ファンを沸かせるポテンシャルの持ち主だけに、この先の成長も楽しみに追いかけていきましょう!

参考:清水武蔵(国士舘)は打撃センスに注目|桜島ボーイズ出身の注目株

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック