2020ドラフト野手

阪本和樹(松阪商業)はドラフト期待|ホームランに注目の長距離砲

三重の松阪商業で1年の2018夏からベンチ入りを果たし、同年秋から四番に座り活躍していた阪本和樹選手。

高校通算60本を超えるペースでホームランを量産している、高校屈指の右スラッガーです。

阪本和樹選手はこれまで一見、順風満帆にみえる成長を遂げていますが、ドラフト注目の選手にまで上り詰めた陰には相当な努力がありました。

高校屈指のスラッガーとして2020ドラフト指名に期待がかかる、松阪商業の阪本和樹選手について特集していきましょう。

ドラフト期待・阪本和樹の中学時代は三重ゼッツ出身

右投げ右打ちの阪本和樹選手は中学時代、ヤングリーグの三重ゼッツに所属していました。

現在は高校通算ホームランに注目が集まる強打者ですが、三重ゼッツではバッティングに自信がなかったといいます。中学3年時に「打てないと試合に出られない」と危機感を抱き、それからひたすらバットを振り続けたと語っていましたね。

その努力が高校入学後に成果として現れ、松阪商業では1年夏からベンチ入りするほどに。

中学時代にあまり打てなかった選手が1年夏からベンチ入りするには、相当な努力があったことは容易に予想がつきますね…!

松阪商業の北村祐斗監督も「最初から飛ばす力は持っていた」と話しており、中学時代の反復練習が力になっていることが伺えます。

Sponsored Link

松阪商業・阪本和樹の高校通算ホームランは?

松阪商業の主砲でドラフト注目のスラッガーである阪本和樹選手。

2020夏の大会でも2戦連発を記録するなど高校通算ホームランは61本をマークしており、県内ナンバーワン打者と呼ばれているのも納得ですね…!

身長180cm・体重72kgとまだまだ成長途上ではあるものの、パワフルなスイングはプロのスカウトも放っておけないでしょう。

軸足にしっかりと体重を乗せて待ち、ボールを手元まで引きつけて打つため、変化球への対応力が非常に高いところも阪本和樹選手の魅力の1つですね!

関東では東海大相模・西川僚祐選手が高校通算53本で注目を集めていますが、阪本和樹選手もドラフトでは大いに期待したいところ。

例年通りのスケジュールであれば高校通算70ホームランも十分にありえた右打者だけに、高校最後のシーズンでどこまで記録を伸ばすかにも注目していきましょう。

参考:西川僚祐はドラフト確定の逸材|高校通算ホームラン記録は更新なるか

Sponsored Link

松阪商業・阪本和樹はドラフト期待の長距離砲

阪本和樹選手は2020ドラフト期待のスラッガーですが、ホームラン数だけでなく逆方向への飛距離も見逃せません。

2年時には強豪・三重との一戦で、右中間へのホームランを放ったのも記憶に新しいですね!

2019夏までは高校通算30本近くだったホームラン数が劇的に伸びている裏には、右方向に打てる打撃技術も大きく関係しています。

豪快なバッティングが生で観戦できないのが悔しいですが、三重の高校野球を盛り上げてくれる一人であることは間違いないでしょう。

Sponsored Link

阪本和樹は松阪商業からドラフトに注目

松阪商業の阪本和樹選手はドラフト注目の打力が魅力のスラッガーですが、投手でも活躍するなど身体能力の高さも素晴らしいものがあります。

強肩が際立つ選手だけに、外野からのスローイングにも期待。いなべ総合の田所宗大選手らと共に、ドラフトでは三重の高校野球を沸かせてくれることが楽しみです。

豪快なフルスイングを武器に、将来が楽しみな右の強打者ですから、三重大会での大暴れをぜひとも観せてほしいですね…!

2019秋に東海大会出場を逃した悔しさを胸に、どこまで成長した姿を見せてくれるか。

阪本和樹選手の2020ドラフト指名に期待しつつ、高校ラストシーズンでの更なる飛躍を応援していきましょう!

参考:田所宗大(いなべ総合)はドラフト期待|二塁送球タイムはプロでも上位

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック