2020代替大会

【高校野球】沖縄の2020注目選手は?攻守に好素材が目白押し!

2020夏の高校野球、沖縄大会は7月4日からの開幕が決まっています。

高校3年生は最後の夏となりますが、気迫のこもったプレーが観られるのは本当に楽しみですね!

この記事では、2020夏に挑む沖縄の注目選手をピックアップしてみました。

2020夏の高校野球で沖縄の注目選手【投手】

沖縄尚学で下級生から注目を浴びてきた永山蒼投手。身長177cm・体重81kgと均整のとれた体格から最速142キロのストレートを軸とする本格派右腕は見ものです。

また2年生の後間翔湖投手は覚えておきたい選手。中学時代には100メートル走で県大会優勝を果たすなど身体能力抜群のプレイヤーで、2019秋にもリリーフで登板していただけに成長が楽しみです。

ちなみに沖縄尚学には1年生の仲宗根大斗投手も加入しており、中学で日本代表も経験した右腕だけに成長に期待したいですね!

興南の2年生左腕・山城京平投手は、最速143キロの本格派。細身ながら球威抜群のストレートを投げるだけに、今後も沖縄で話題になる投手の一人でしょう。

ストレートとフォークのコンビネーションが光る沖縄水産の左腕・古波蔵悠悟投手は、130キロ台後半のストレートが低めに決まると攻略は至難の業。同じく左腕では美里工の與古田美月投手も、最速136キロの真っ直ぐとスローカーブで三振を量産できる投手です。

大型右腕として注目したいのは本部の川田莉空投手で、184cmの長身から投げ下ろす落差の大きなカーブは見もの。

北山の仲宗根アレキサンダー海吏投手も身長182cm・体重85kgの体格から140キロ超のストレートが魅力です。バッティングでも圧倒的な飛距離を誇るだけに、投打で目が離せない選手ですね!

Sponsored Link

2020夏の高校野球で沖縄の注目選手【野手】

沖縄尚学では1年から出場してきた與谷友希選手に注目です。下級生から中軸を打つ右打者で、アベレージヒッターでありながら高校通算11本のホームランを放つ長打力も魅力。

攻守にセンスが光る島袋皓平選手、2019夏の甲子園でも打力を見せつけた崔哲瑋選手らが並ぶ打線は見逃せません。

興南では1年からスタメンで甲子園を経験した西里颯選手が見もの。攻守にハイレベルなプレーを見せる内野手ですが、投手で140キロをマークする強肩にも期待です。

中部商業で三番を打つ山口慶十選手もミート力の高さに期待で、春に沖縄尚学を破る立役者となった左の巧打者ですね!

八重山の西表夢叶選手はずば抜けた身体能力が光ります。100メートル11秒台の俊足に加えて遠投100メートル超えの強肩も兼ね備えており、ポテンシャルは怪物級の選手だけに攻守で目が離せません。

沖縄工業では國吉涼介選手の出塁率の高さが際立ちます。主将も務めるリードオフマンがいかに打線に火を付けられるかは大いに注目していきましょう。

また美里工業の富島力斗選手は沖縄屈指の左スラッガーと言えるでしょう。身長177cm・体重88kgのどっしりとした体格からのスイングは力強く、パワフルなバッティングは沖縄の高校野球を盛り上げてくれそうです!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック