2020世代で強豪校の注目選手

創成館の2020注目選手|メンバーは投手を中心に堅守が光る

2019秋の九州大会でベスト4進出を果たし、センバツ甲子園への出場を決めた長崎の創成館。

投手陣のメンバーを中心とした堅守には定評があり、2019秋の公式戦では9試合でわずかに1失策と抜群の安定感を見せました。

2020シーズンを戦う創成館の注目選手をピックアップしていきましょう。

2020創成館は投手陣のメンバーが豊富

堅守からリズムを作る創成館の野球は、豊富な投手陣によって支えられています。

投手が20人以上もいるなかでエースナンバーを任されているのがサウスポーの白水巧(しろみず たくみ)投手。

身長166cmと上背はないものの、最速134キロのストレートにはキレがあります。

右打者の膝下に沈むチェンジアップも大きな武器になっており、2019秋の公式戦では8試合で防御率1.45と抜群の安定感を見せました…!

粘り強いピッチングが出来る投手だけに、全国の強豪との対決も楽しみですね。

また、白水巧投手とは対照的な身長194cmの大型左腕・鴨打瑛二(かもうち えいじ)投手にも注目が集まります。

角度のあるストレートは見もので、134キロの自己最速も2020シーズンで上回ってくることは間違いないでしょう。

コンスタントに130キロ台中盤をマークできる投手ですが、球速をはじめ将来性には大いに期待したいですね!

投球回数とほぼ同じだけの三振を奪える能力もありますから、相手打者を差し込んでいくピッチングも楽しみな注目選手です。

Sponsored Link

2020創成館の守備を支えるメンバーにも注目

堅守を誇る創成館の守備陣で特に注目したいのが、軽快な動きで内野を支える二遊間の二人です。

ゲームキャプテンも務めるショート・松尾力基(まつお りき)選手と、チームトップのスピードを持ちセカンドに入る江原叶琉(えはら かなる)選手。

いずれも俊足のため守備範囲も広く、稙田龍生監督も「二遊間は全国でも通用するレベル」と自信を覗かせていますね!

互いに徹底した意見交換をおこないながらコンビネーションを磨いており、堅守の創成館でセンターラインを担っている二人のメンバーはやはり見逃せません。

創成館の2020メンバーは攻撃にも注目

守備力に秀でた注目選手が並ぶ一方で、創成館打線の注目選手も見ていきましょう。

まず一番・ライトでリードオフマンとして打線を引っ張る左の巧打者・田中雄大(たなか ゆうだい)選手。

2019秋の公式戦では5割近い打率を残しているほか、練習試合も含めた33試合でも4割以上の打率をマークしているんですよね…!

50メートル6秒1の俊足でもありますし、2020世代の創成館で打線を引っ張るメンバーとして期待が高まります。

また、クリーンナップを務める三番・レフトの猿渡颯(さるわたり はやて)選手も打撃技術に注目の左打者です。

秋の九州大会では5割8分3厘をマークするなど当たりに当たっていましたし、打点もチームトップクラスの数字を上げているだけにクリーンナップでの働きは見もの。

田中雄大選手と同じく50メートル6秒1の脚力も併せ持つ外野手で、攻守で活躍してほしいで選手ですね!

Sponsored Link

創成館の次世代でも中心となる注目選手

選手層の厚さが際立つ創成館ですが、四番を任されている下級生の逸材は一見の価値があります。

抜群の身体能力を誇る左の強打者・松永知大(まつなが ともひろ)選手

2019秋には打点・二塁打・三塁打・ホームランとチームトップの数字を残し、実力の高さを見せつけました。

さらには50メートル6秒0の俊足でダントツの盗塁数も記録しており、2020シーズンでも核となる存在であることは間違いありません。

投手としても球速130キロ超のストレートを投げ込みますし、二刀流としても注目したい選手ですね!

ポテンシャルの高い選手が揃う創成館。2020シーズンの躍進にも期待です!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック