2020世代で強豪校の注目選手

尽誠学園の2020注目選手|メンバー半数は前チームも主力で経験豊富

2019秋の香川大会で優勝を果たし、四国大会準優勝でセンバツ甲子園への出場を決めた尽誠学園。

前チームから主力のメンバーが6人残るなど、総合力の高さは見ものです。

この記事では、2020シーズンを戦う尽誠学園の注目選手をピックアップしてみました。

参考:智弁和歌山の2020注目選手|メンバーの総合力は全国トップクラス

2020尽誠学園で主砲を務める注目選手

尽誠学園の2020世代で、メンバーの中心となるのが仲村光陽(なかむら こうよう)選手です。

四番に座る右打者は高校通算13本のホームランを記録しており、打点もチームトップの数字を残しています。

不動の四番として活躍するメンバーですから、尽誠学園打線の得点力に大きな影響を与える一人と言えるでしょう。

2019秋には練習試合も含め全41試合で4割近い高打率をマークしていますし、甲子園でも高校野球ファンを沸かせてほしい存在ですね!

主にショートのポジションを守るほか、投手としても最速139キロのポテンシャルを見せていますから、二刀流での活躍も目が離せません。

Sponsored Link

2020尽誠学園の打線で見逃せない注目選手

2020尽誠学園打線で注目したいメンバーは、仲村光陽選手だけではありません。

まず欠かせないのが抜群の打撃センスを誇る左打者・井脇将誠(いわき しょうせい)選手。

2019秋には42試合に出場して打率4割4分5厘。

安打数だけでなく二塁打・三塁打・四死球に犠打でもチームトップの数字をマークしており、尽誠学園のキーマンといっても過言ではないでしょう。

柔軟なバットコントロールに加えて50メートル6秒2の俊足も兼ね備えていますし、センターを守る守備でもチームを支える選手ですね!

そしてもうひとり、公式戦で4割超の打率を残した福井駿(ふくい しゅん)選手も左の好打者です。

広角に打てるバッティングは見もので、クリーンナップに座って打線をグイグイ引っ張っていきます。

さらに盗塁数はチームトップの数字をマーク。強肩が光るライトの守備にも注目したい選手です!

また仲村光陽選手と並んでチームトップのホームランを放っている、右の長距離砲・川崎風汰選手も楽しみです。

ムードメーカーとしての役割も担う一塁手ですから、2020シーズンの活躍にも期待していきましょう。

Sponsored Link

尽誠学園の2020世代で守備の核となるメンバー

攻撃陣に注目選手が多く並ぶ一方で、守備の核となるメンバーも期待です。

2020尽誠学園のエースを務めるのが、急成長を見せている左腕の村上侑希人(むらかみ ゆきと)投手。

カーブやチェンジアップに加えてカットボールも操るなど豊富な球種を持ち、球速は130キロ前後ながら丁寧なピッチングが光ります。

制球力も高く、実力が発揮できれば全国の強力打線とも互角に戦える力は秘めているでしょう。

その村上侑希人投手とバッテリーを組む橘孝祐(たちばな こうすけ)選手もリードに注目。

元々はショートの控えでしたが捕手にコンバートし、扇の要を担うまでに成長してきました。

特進クラスに所属する知性を持ち合わせている上にコミュニケーション能力に長け、投手陣との信頼関係を築いてきたあたりも見ものですね!

2019秋の公式戦では8試合で4失策と堅守も売りの尽誠学園ですから、守備面での踏ん張りにも注目していきましょう。

参考:明徳義塾の2020注目選手|メンバーは攻守に充実で優勝も狙える

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック