2020注目の内野手

吉田周平(中京大中京)は俊足強打|ホームランも期待の注目株は必見

愛知の強豪・中京大中京で2年の2019秋から主力として活躍している吉田周平(よしだ しゅうへい)選手。

ホームランを打てる長打力とチャンスでの勝負強さが光る左打者で、2019秋の大会でもクリーンナップで多くの打点を稼いで神宮大会優勝に貢献しました。

力強いバッティングはもとより、俊足も兼ね備えている注目選手なんですよね…!

全国屈指の強力打線を誇る中京大中京の中軸として期待が高まる、吉田周平選手を特集していきましょう。

中京大中京・吉田周平は力強いバッティングに期待

高校通算ホームランにも注目

中京大中京でクリーンナップを任されている吉田周平選手ですが、まず魅力の1つがホームランも打てる長打力です。

身長178cm・体重77kgとバランスのとれた体格で、力みのない構えから鋭い打球を広角に打てる左打者なんですよね!

2019秋の時点で高校通算16本のホームランを放っており、パンチ力を考慮すると2020シーズンでもさらにホームラン数が伸びることは間違いないでしょう。

中学時代は軟式野球チームの強豪・名古屋ドジャースの中心選手として活躍していた吉田周平選手。

その名古屋ドジャースでも中部地区選抜大会で初優勝を飾るなど、チームの歴史を塗り替えてきた選手ですから、中京大中京でも今後の活躍に注目ですね!

Sponsored Link

中軸での勝負強さも

吉田周平選手は長打力だけでなく、持ち前の勝負強さでもチームに貢献しています。

2019秋の戦いでは練習試合も含めて47の打点を上げましたが、これはドラフト注目の主砲・印出太一主将らと並んでチームトップクラスの成績なんですよね…!

2019秋の愛知大会2回戦・東邦戦でも初回に2点タイムリーを放ち、チームに勢いをもたらしました。

一番から四番までが2019秋の公式戦で打率4割超の打線は、全国トップレベルの破壊力を誇っているため、五番に座る吉田周平選手の勝負強さも中京大中京の躍進に欠かせません。

打点に期待できる左打者だけに、2020シーズンも大いに暴れてほしいですね!

参考:印出太一(中京大中京)はドラフト期待|中学日本代表の強肩強打に注目

Sponsored Link

中京大中京・吉田周平は俊足でも魅せる

クリーンナップでバッティングに注目が集まる一方で、吉田周平選手の強みはバットだけではありません。

中学の名古屋ドジャース時代からチーム随一の足のスペシャリストとして、俊足を武器にしていた選手なんですよね…!

50メートル6秒1の俊足はチームでもトップクラスで、2019秋には公式戦で5個の盗塁を決めるなど、俊足は中京大中京の大きな武器になっています。

リードオフマンを務める西村友哉選手も俊足ぶりが光りますが、足も使える打線であることは中京大中京の2020世代を語るうえで見逃せません…!

参考:西村友哉(中京大中京)はドラフト期待|中学で野茂ジャパン出身の逸材

Sponsored Link

吉田周平は高い守備力でも中京大中京を支える

吉田周平選手は攻撃の面で大いに期待したい打者ですが、一塁手として見せる守備力の高さも素晴らしいものがあります。

中学時代や入学当初は三塁手だったこともあってハンドリングも上手く、内野手の送球が多少乱れても難なくすくい上げる場面は何度も目にしました。

強打の一塁手というとバッティングがフォーカスされがちですが、走攻守三拍子揃ったプレイヤーだけに吉田周平選手の活躍は楽しみで仕方がありません。

前述の印出太一主将やドラフト注目の中山礼都選手と組むクリーンナップは全国屈指の迫力ですから、中京大中京打線の中軸で存在感を放ってほしいですね!

吉田周平選手の攻守での働きに注目して、これからの成長も追いかけていきたいと思います。

参考:中山礼都(中京大中京)はドラフト期待|攻守のポテンシャルは堂林超え

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック