2020注目の投手

太田陽都(鶴岡東)は球速に期待|急成長右腕は兄の想いも胸に戦う

山形の強豪・鶴岡東で2年の2019秋から投手陣の一角として活躍している太田陽都(おおた はると)投手。

球速140キロに迫るストレートと落差の大きいフォークを武器に、急成長を見せている本格派右腕です。

2019秋の大会でも多くの試合で好投をみせ、鶴岡東の東北大会準優勝に大きく貢献しましたね!

鶴岡東の投手陣を引っ張る存在としても期待がかかる、太田陽都投手について特集していきましょう。

鶴岡東・太田陽都は球速に注目

太田陽都投手の大きな強みになっているのは、やはり球速140キロ近いストレートです。

2019秋の東北大会初戦・福島成蹊戦では自己最速を4キロ更新する最速138キロをマーク。

高校初先発ながら6回を1安打無失点に抑える圧巻のピッチングを披露しました。

続く東北大会準決勝・仙台城南戦でも6回1安打無失点の好投を見せており、2020春のセンバツ甲子園出場に大きく貢献したと言えるでしょう。

毎週末に合宿をしている千葉でのインタビューでは「(昨秋より)球は速くなったと思う」と話していますし、球速が140キロ台中盤に伸びてくるとますます楽しみですね…!

身長180cm・体重80kgとバランスのとれた体格を誇る太田陽都投手。

球の回転数を増やすトレーニングを重ねるなど球質に関しても高い意識で取り組んでいますし、パワーアップしたストレートには注目です!

Sponsored Link

鶴岡東・太田陽都は球種のフォークも見もの

太田陽都投手のストレートと並んで注目したいのが、落差の大きいフォークです。

高校入学後に「握力が強いから」と身につけた球種だそうですが、今ではストレートとのコンビネーションで投球に欠かせないものになっています。

体力測定での握力は70kgを記録していて、身体の強さも証明していますね!

また随所に見せる2種類のスライダーも武器になっていて、カウントや打者によって使い分ける器用さも兼ね備えています。

同じく東北地区の磐城・沖政宗投手も完成度に注目が集まっていますが、太田陽都投手もぜひ全国の舞台で存在感を示してほしいですね!

ストレートの球速が伸びてくれば変化球もより効果的になってきますから、緩急を駆使した投球の組み立てにも期待していきましょう。

参考:沖政宗(磐城)は球速以上に凄い|楽天ジュニア出身の右腕に大注目

Sponsored Link

太田陽都は鶴岡東投手陣の軸になってほしい

2019秋は県大会初戦から東北大会までで7人の投手を起用するなど、継投がうまく機能していた鶴岡東。

エース一人に頼らない体制をとっているのが鶴岡東の特徴で、現代の高校野球にフィットしているとも言えます。

そんなチームの中でも柱になる投手が育つと一気に安定感が増してきますし、安心して任せられる投手がでてくると鶴岡東がさらに強くなるのは間違いありません。

太田陽都投手は大黒柱になれるポテンシャルを秘めていますし、投手を本格的に始めたのは2019秋からと伸びしろも十分。ぜひとも中心的存在になってほしいものです。

2019秋は小林三邦投手がエースナンバーを背負っていましたが、太田陽都投手もエース争いに食い込んでくると投手力の底上げにもなりますからね。

2020シーズンの鶴岡東はエース争いにも注目しつつ、投手陣の軸として太田陽都投手の活躍にも期待していきましょう!

Sponsored Link

太田陽都は兄も鶴岡東出身の投手

太田陽都投手は兄・海都さんも鶴岡東のOBとして活躍し、2015、2016年に甲子園出場時のメンバーに選ばれていました。

しかし2015年は1イニングだけセンターの守備に就いたのみで、背番号1のエースとして出場した2016年も、残念ながらマウンドに立つことはできませんでした。

太田陽都投手はその姿をスタンドから見守っていて、2020選抜高校野球ではその兄の想いも背負って甲子園での試合に臨みます。

また、太田陽都投手は打者としてもチームに大きく貢献していて、2019秋の公式戦では14打数10安打、打率7割1分4厘の成績を残しているんですよね…!

山路将太郎選手をはじめ打力のある選手が並びますし、兄の想いも胸に投打で活躍してくれる姿を追い掛けていきましょう!

参考:山路将太郎(鶴岡東)は攻守に存在感|河南シニア出身の俊足好打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック