2020ドラフト野手

加藤真浩(埼玉栄)はドラフト期待|攻守に光る抜群の身体能力は必見

埼玉の強豪・埼玉栄で2年の2019秋から先頭打者としてチームを牽引している加藤真浩(読み方は「かとう まひろ」)選手。

2019秋の埼玉大会では攻守に渡って活躍を見せ、ベスト8進出に大きく貢献しました。

小学時代は全国大会の高円宮杯に出場しているほか、中学時代も大阪交野ボーイズで関西ナンバーワンを決めるタイガースカップに出場するなど、これまでを見ても逸材ぶりが伝わってきますね!

高い身体能力で2020ドラフト候補としても注目されている、埼玉栄の加藤真浩選手について特集していきましょう。

埼玉栄・加藤真浩は豪快なバッティングに注目

加藤真浩選手の注目ポイントとしてまず挙げたいのが、思い切りの良いフルスイングを見せるバッティングです。

どっしりした構えからの力強いスイングは、一番打者とは思えない迫力がありますね!

2019秋の埼玉大会準々決勝・浦和学院戦では、三回表に攻撃の起点となるレフト線への二塁打を放ち、それが先制点に繋がりました。

試合には敗れたものの、存在感は非常に際立っていましたね…!

また加藤真浩選手は独特なルーティーンやボールの見逃し方も話題になっていて、今後も注目を集める選手であることは間違いないでしょう。

フルスイングできるということは打席の中で「自分のスイングができている」ということでもありますから、埼玉栄の中心選手としてこれからの活躍にも期待したいところです。

Sponsored Link

ドラフト注目・加藤真浩の身体能力は埼玉栄の武器

攻守に光る俊足

加藤真浩選手は思い切りの良いフルスイングだけでなく、持ち前の俊足も攻守に光ります。

出塁した際には1つでも先の塁を陥れようとする姿勢が見えますし、相手に与えるプレッシャーも非常に大きいでしょう。

また50メートル6秒1の脚力は守備範囲の広さにも現れており、センターのポジションでもヒット性の飛球を何度もアウトにしていますね…!

足にスランプはないとも言われますし、加藤真浩選手の俊足は今後も埼玉栄の大きな武器になってくるでしょう。

強肩ぶりは関東トップクラス

走功守三拍子揃った外野手としても注目を集めている加藤真浩選手は、関東トップクラスの強肩の持ち主でもあります。

その肩の強さはプロ顔負けとも言われていますし、遠投120メートルの強肩ぶりは観客を魅了するインパクトがありますね!

試合前のシートノックからレーザービームを見せており、相手チームとしても警戒を強める存在であることは間違いありません。

同じくドラフト注目の強打者である花咲徳栄の井上朋也選手も強肩が売りですが、加藤真浩選手は県内トップクラスの外野手と言えるでしょう。

埼玉栄のセンターラインに安定感をもたらす選手ですし、守備面での貢献も見逃せません…!

参考:井上朋也(花咲徳栄)はドラフト注目|ホームランに期待の長距離砲

Sponsored Link

埼玉栄・加藤真浩はドラフト期待の逸材

埼玉栄を引っ張る中心メンバーとして、目立った活躍を見せている加藤真浩選手。

俊足・強肩をはじめ随所に見せる高い身体能力にも当然ながら注目が集まっており、2020ドラフトにも期待のかかる選手の一人になっています。

加藤真浩選手の代名詞となっているフルスイングですが、確実性がさらに増すとドラフト候補としての注目度も一段と高まるでしょうね…!

素材は申し分ないだけに、これからの成長が本当に楽しみです。

埼玉栄には最速146キロのストレートを投げ、打撃でも注目を集めているドラフト注目の内田了介投手もいますし、共に埼玉栄を引っ張ってほしいものです!

参考:内田了介(埼玉栄)はドラフト注目|球速だけでなく打撃センスも凄い

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック