2020ドラフト野手

白石晃大(近大高専)はドラフト注目|球速も期待の逸材は全国レベル

三重の強豪・近大高専で1年の2018秋から、チームの主軸として活躍している白石晃大選手。

打者としては前チームで三番を任され、2019秋からは俊足を活かして一番打者として活躍しています。

投手としても球速140キロのストレートを武器に、二刀流でのプレーに期待の選手なんですよね…!

2020ドラフトにも期待が高まる近大高専の中心選手・白石晃大選手について特集していきましょう。

近大高専・白石晃大はドラフト期待の打撃センス

右投げ左投げの白石晃大選手は、中学時代に東大阪シニアで全国大会に出場していました。

近大高専でも1年の2018秋からベンチ入りを果たし、早い時期から頭角を現していますね!

白石晃大選手の武器は鋭いスイングとバットコントロールの巧さで、動きの少ないどっしりとした構えから広角に鋭い打球を連発しています。


2019秋の三重大会準決勝・三重戦では、六回に逆転となるショート強襲の2点タイムリーヒットを放ち、チームの勝利に貢献。

続く決勝の津商戦でも詰まりながらセンター前に貴重な先制点となるタイムリーを放つなど、チームの三重大会優勝に大きく貢献しました。

随所に抜群の打撃センスを見せているだけに、今後の活躍も非常に楽しみな選手ですね!

Sponsored Link

ドラフト期待の白石晃大は俊足も近大高専の武器

ポテンシャルの高さに注目が集まる近大高専・白石晃大選手の強みは、バッティングだけではありません。

打ち取られた当たりでも持ち前の俊足を活かして内野安打をもぎ取るなど、そのスピードも相手チームの脅威となっています。

2019秋の東海大会2回戦・加藤学園戦でも七回にセカンドへの内野安打を放ち、それが2点差に迫るタイムリーとなりました。

延長の末に惜しくも敗れはしたものの、存在感は十分に示したと言えるでしょう。

ドラフト注目の智弁和歌山・細川凌平選手ら、リードオフマンの主導権争いには大いに期待したいですね…!

参考:細川凌平(智弁和歌山)は中学日本代表|ドラフト期待の俊足強打

Sponsored Link

近大高専・白石晃大は投手での球速にも期待

野手として抜群の野球センスを発揮している一方で、白石晃大選手は投手としても非凡な才能を見せています。

ストレートの最速は140キロを記録しており、躍動感のあるフォームからテンポよく投げ込んできます。

現在はメジャーリーグで活躍する前田健太投手のPL学園と比較されるなど、素質は十分ですね…!

身長178cm・体重81kgと筋肉質な体格も期待感が大きく、これからの活躍が楽しみです。

東海大相模の二刀流・山村崇嘉主将も話題になっていますが、白石晃大選手も存分に暴れまわってくれることに期待しましょう。

参考:東海大相模・山村崇嘉はドラフト注目|中学時代は二刀流でも全国屈指

Sponsored Link

白石晃大は近大高専からのドラフトに期待

1年秋から主軸として活躍し、投打の中心として成長を遂げている白石晃大選手。

現状では打者としての評価が高い白石晃大選手ですが、二刀流として話題になれる実力は持ち合わせている逸材です。

2020夏の大会で一気にブレイクする可能性もありますし、実力通りの活躍を見せれば間違いなく全国区の選手になるでしょうね!

ドラフト候補としても期待できる選手ですから、近大高専の躍進と共に、プレーを追い掛けていきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック