2021春の選抜甲子園

上田西の2021メンバーは?注目選手が並ぶ打線の攻撃力に期待!

長野では屈指の強豪として知られ、毎年レベルの高い選手を輩出している上田西高校。

2021メンバーも2020秋の北信越大会で準優勝を果たすなど、破壊力抜群の強力打線が売りのチームです。

この記事では、2021春のセンバツ甲子園でも躍進が期待される上田西野球部のメンバーから、注目選手をピックアップしていきます。

参考:選抜高校野球2021の注目選手【投手】全出場校のピッチャーまとめ!

上田西の2021メンバーの注目選手【投手】

左腕の注目選手

まずは上田西野球部の2021メンバーから、投手陣の注目を見ていきましょう。

左腕の注目は、2020秋の長野大会からエースナンバーを託された山口謙作投手

北信越大会・福井商戦では先発を任され、5回11奪三振1失点の好投でチームのコールド勝ちに貢献。

続く北信越大会・星稜戦でも完投勝利を挙げ、チームの準優勝に大きく貢献しました。

多彩な変化球と高い制球力を武器にしている投手ですし、甲子園でのピッチングにも期待がかかります!

左腕でもう一人注目したいのが、1年生ながらベンチ入りしていた高梨匠投手

北信越大会決勝・敦賀気比戦では先発を任され、試合には敗れたものの、思い切りのいい投球が光っていました。

強気で打者に向かっていく姿勢が持ち味の投手ですから、強豪相手にもメンタルの強さをいかした投球に注目です!

右腕の注目選手

続いて右腕の注目は、140キロ超のキレのあるストレートを投げる堀内琢斗投手

2020秋の北信越大会ではコントロールを乱してしまう場面もありましたが、紅白戦では2回無失点と制球もまとまっていました。

課題のコントロールを克服できるかが鍵になってきますが、投手としてのポテンシャルは十分。全国の舞台での活躍にも期待したい投手です!

Sponsored Link

上田西の2021メンバーの注目選手【野手】

捕手の注目選手

次は上田西野球部の2021メンバーから、野手陣の注目を挙げていきましょう。

捕手の注目は、1年生ながら2020秋の大会で正捕手の座を掴んでいた小川隼弥選手

2020秋の北信越大会・星稜戦では、8回裏に勝ち越しの左前タイムリーを放つなど、勝負強い打撃を見せていました。

守備でもエースの山口謙作投手を巧みにリードしていましたし、攻守にわたりチームの中心として期待の選手です!

内野手の注目選手

次は内野手の注目ですが、一人目は主将を務める柳沢樹選手

2020秋の大会では31安打17打点、5割9分6厘という圧倒的な成績でチームを牽引。

紅白戦ではホームランを放つなど、ミート力にくわえパンチ力も兼ね備えています。

ショートで見せる安定した守備力も見ものですし、甲子園での活躍次第では2021ドラフト候補にも名前が挙がってくるでしょう。

内野手ではホームランを打てるパンチ力が魅力の飛鳥井洸選手も注目でしょう。

2020秋の北信越大会・星稜戦では2打席連続本塁打を含む3安打4打点の活躍で、強豪撃破に大きく貢献。

甲子園でも豪快なホームランをスタンドに叩き込んでほしいですね!

さらに四番を任されている杉浦琉生選手もバッティングでは負けていません。

2020秋の長野大会決勝・佐久長聖戦では二塁打を放ち、試合には敗れてしまったものの、持ち前の長打力で見せ場をつくっていました。

1年の秋から代打で出場するなど試合経験も積んでいる選手ですから、大舞台でも勝負強い打撃に期待ですね!

外野手の注目選手

最後は上田西野球部の2021メンバーから、外野手の注目を見ていきましょう。

まずは紹介したいのは、リードオフマンを務める笹原操希選手

1年の2019秋には四番を任されていたほどの逸材で、一番に起用されてからも持ち前の打撃センスでチームを牽引しています。

2020秋の長野大会準決勝・松商学園との試合では、初回に先頭バッターで三塁打を放つなど打線を引っ張るひとりですね…!

守備でも4回表の無死一、二塁のピンチでダイビングキャッチを見せていましたし、俊足をいかしたプレーも見ものです。

甲子園でも笹原操希選手の攻守にわたる活躍に期待したいですね!

外野手でもう一人注目なのが、1年生ながら五番を任されていた大藪知隼選手です。

北信越大会一回戦・福井商戦では初回にタイムリーを放ち、チームに貴重な先制点をもたらしました。

準々決勝の日本航空石川戦で怪我をしてしまったため、その後の試合には出場できませんでしたが、2021センバツに向けて確実に復活してくるでしょう。

抜群の打撃センスでチームを引っ張っていましたし、上田西打線の中軸として注目の選手です!

Sponsored Link

上田西野球部の2021メンバーは攻撃力抜群

2020秋の北信越大会で準優勝を果たし、2021センバツでも注目されている上田西。

2021センバツ出場校の中では、唯一2020秋のチーム打率が4割を超えていて、全国屈指の強力打線を誇るチームです。

柳沢樹選手や飛鳥井洸選手をはじめ、中軸に強打者が揃っていることはもちろんですが、下位打線からも得点が取れている点も大きな強みですね。

投手はエースの山口謙作投手が中心となってくるでしょうから、さらに堀内琢斗投手が柱と呼べるレベルになってくると厚みが出てきますよね…!

また、守備の面ではセンターラインの安定感も抜群ですし、守備からリズムを作って攻撃につなげる形が作れると非常に手強いチームになってくるでしょう。

甲子園でも全国の高校野球ファンを沸かせるプレーに期待しつつ、上田西の躍進にも注目していきましょう!

参考:選抜高校野球2021の注目選手【野手】全出場校からメンバーを特集

2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック