2021春の選抜甲子園

柴田野球部の2021メンバーは?注目選手が攻守に並ぶ期待の布陣

東北の公立校で強豪として知られ、2021世代もレベルの高い選手が揃っている宮城の柴田高校。

2020秋は攻守の軸となるメンバーがしっかりとチームを引っ張り、東北大会準優勝の成績を収めました。

この記事では、2021春のセンバツ甲子園にも出場が決まった柴田高校から、注目選手をピックアップしていきましょう。

参考:選抜高校野球2021の優勝候補を予想!独自視点でピックアップします

柴田高校野球部の2021メンバーの注目選手【投手】

右腕の注目選手

柴田高校野球部の2021メンバーから、まずは右腕の注目選手を見ていきましょう。

一番の注目は、エースとしてチームを牽引する谷木亮太投手です。

ノビのあるストレートと、スライダー・チェンジアップなどの変化球を武器に、2020秋の東北大会準優勝に大きく貢献。

11試合中7試合を完投するなど、まさに大黒柱と言える活躍を見せていました。

身長177cm・体重77kgと体格的にも一回り大きくなりそうですし、球速アップにも期待したいピッチャーです!

また右腕でもう一人挙げたいのが、宮城仙北ボーイズ出身の佐々木綾人投手

2020秋の大会は股関節のケガの影響でベンチ外となっていたものの、ポテンシャルは高いものを持っている投手ですね…!

ケガの期間には体幹トレーニングやベンチプレスにも取り組んでおり、さらにパワーアップして復活してくれることでしょう。

左腕の注目選手

続いて柴田高校の左腕で注目したいのは、仙台ボーイズ出身の日下裕翔投手

ストレートとカーブのコンビネーションで、緩急を使った投球が持ち味のサウスポーです。

オフには20キロのハンドグリップでストレートの質を高めるトレーニングに取り組み、着実にレベルアップしています。

貴重な左投げのピッチャーとして、柴田高校の投手陣を支える活躍に注目ですね!

Sponsored Link

柴田高校野球部の2021メンバーの注目選手【野手】

捕手の注目選手

次は柴田高校野球部の2021メンバーから、野手の注目選手をピックアップしていきます。

捕手の注目は、打線の中軸でも活躍を見せる舟山昴我選手です。

2020秋の大会では4割8分8厘の高打率を残し、宮城大会初戦の白石戦では先制適時打を含む2安打でチームの勝利に貢献するなど、勝負強さでもチームを牽引していました。

また、守備でもエースの谷木亮太投手を巧みにリードし、チームの勝利に大きく貢献していましたね。

柴田高校躍進のキーマンとなる選手ですし、引き続き攻守の要として注目していきましょう!

内野手の注目選手

内野手の一人目の注目は、1年生から四番を務めていた菅野結生選手です。

2020秋の東北大会2回戦・八戸学院光星戦では、初回にタイムリー二塁打を放ち勝利に貢献。

続く準々決勝・東日本国際大昌平戦では4安打4打点の活躍で勝利に貢献するなど、勝負強い打撃で打線を牽引していました。

柴田高校の繋ぐ四番として、全国の舞台での活躍にも注目したいですね!

そして主将を務める遠藤瑠祐玖選手も攻守で頼もしい存在。

2020秋の大会では安定した守備力でチームに貢献しており、ショートのポジションでの軽快なフットワークは見ものです。

一方の打撃でも東北大会1回戦・学法石川戦では3安打2打点と勝負強い打撃を見せていました。

プレー以外の面でも、主将としてチームを引っ張る働きは見逃せません。

また、バッティングの良さが際立つ沼田大輔選手の存在も大きいです。

2020秋の大会では5割3分3厘の圧倒的な成績を残し、学法石川線ではタイムリーも放っていました。

中軸に力のある打者が揃っているだけに、その後を打つ沼田大輔選手の活躍も柴田高校にとっては重要になってくるでしょう…!

外野手の注目選手

最後は柴田高校野球部の2021メンバーから、外野手の注目選手を見ていきましょう。

外野の一人目は、クリーンナップを務める村上太生輔選手

2020秋の東北大会準決勝・日大山形戦で2ランホームランを放つなど、2020秋は持ち前の長打力で3本のホームランを放っていました。

身長174cm・体重77kgのがっちりした体格は魅力ですし、甲子園でのホームランにも期待したいところです!

外野手でもう一人注目したいのは、リードオフマンの我妻秀飛選手

一塁到達タイム3秒7の俊足を武器に、東北大会1回戦の学法石川戦では6回二死一、三塁からタイムリーとなるセーフティバントを決めていました。

全国でもトップクラスのスピードの持ち主ですから、甲子園でも足を使った攻撃で相手チームを揺さぶり、柴田高校の勝利に貢献してもらいたいですね!

Sponsored Link

柴田高校の2021メンバーは攻守に粒ぞろい

2020秋の東北大会では準優勝を果たし、センバツ出場を決めている柴田高校。

強力な打撃陣にくわえ、エース・谷木亮太投手を中心とした安定感のある守りからも力を感じます。

特に打線の中軸は打率5割を超える沼田大輔選手や、抜群の長打力を秘めている村上太生輔選手をはじめ、強打者が揃っていますね。

2020秋の東北大会でも打ち勝つ試合も多かったですし、全国の舞台でも打線の爆発には注目です!

投手陣に関しては、エース・谷木亮太投手の他に先発を任せられる投手が出てくると、非常に面白くなってきそう。

2021春の選抜甲子園での柴田ナインの躍動に期待しつつ、高校野球ファンを沸かせるプレーに期待していきましょう!

参考:選抜高校野球2021の注目選手【投手】全出場校のピッチャーまとめ!

2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック