<2019ドラフト>

翁長佳辰(日本文理大付)はドラフト注目|沖縄出身右腕は球速以外も凄い

大分の強豪・日本文理大付で1年夏から試合に出場している翁長佳辰(読み方は「おなが けいたつ」)投手。

球速140キロ台後半のストレートと、多彩な変化球が持ち味の本格派右腕です。

中学時代は沖縄の石垣中学で軟式野球部に所属しており、全国大会も経験していますね。

2019ドラフト候補の投手として大きな注目を集めている、日本文理大付の翁長佳辰投手について特集していきましょう。

翁長佳辰は出身の石垣中学で全国を経験

右投げ左打ちの翁長佳辰投手は沖縄県石垣島の出身で、小学1年時に軟式少年野球チームの「少年荒鷲野球団」で野球を始めました。

石垣市立石垣中学に進学後は、石垣中学校の軟式野球部に所属。投打に渡りチームの中心として活躍し、全国大会への出場も果たしています。

全国大会では2回戦で明徳義塾中学に0対1で敗戦を喫したものの、全国大会への出場は大きな経験になったでしょうね!

強豪からも誘いがあったようですが「(八重山商工を甲子園に導いた実績のある)伊志嶺吉盛監督のもとでプレーをしたいと」の理由から日本文理大付に進学しています。

Sponsored Link

日本文理大付・翁長佳辰はドラフト期待の球速

高い打撃センスも併せ持つ翁長佳辰投手は、1年夏から二番・ライトでレギュラーを勝ち取って2017夏の大分大会に出場しました。

秋からは主戦として大分大会ベスト4まで勝ち進むなど、早くから投打に渡ってチームを引っ張る活躍を見せています。

3年生になった2019春の大分大会では11季ぶりの県大会優勝を手繰り寄せていますし、本当に素晴らしいボールを投げ込むピッチャーなんですよね…!


その翁長佳辰投手の大きな武器となっているのが、球速150キロに迫るストレート。

身長178cm・体重73kgとやや細身な印象を受けるものの最速は147キロをマークしており、奪三振の多さからも真っ直ぐのキレを感じます。

セットポジションからゆったりとしたフォームで投げ込むため、それもまた球速以上に見える1つの要因でしょう。

U18日本代表に選出された浅田将汰投手もそうですが、2019年世代は九州に好投手が多いですね!

プロの世界で身体をつくることで球速もさらに伸びるでしょうし、ドラフトにも大いに期待しています。

参考:浅田将汰(有明)のドラフトに注目|日本代表で150キロの大台なるか

Sponsored Link

日本文理大付・翁長佳辰は球速以外もドラフトの逸材

抜群の制球力

150キロに迫るストレートの球速に注目が集まる一方で、翁長佳辰投手はコーナーに投げ分ける制球力も目を見張るものがあります。

四死球も非常に少なく、試合を作る能力にも長けているピッチャーなんですよね!

内外角はもとより、高低を上手に使うことが出来るコントロールはプロの世界でも大きな武器になるでしょう。


2019春の大分大会では4戦中3試合に登板するなど、スタミナがあることも証明済み。

翁長佳辰投手は「冬のトレーニングで下半身を強化した」とも話していますし、それがコントロールとスタミナの両方に好影響を与えていますね!

豊富な球種と緩急

もう1つ翁長佳辰投手のピッチングで見逃せないのが、豊富な変化球です。

球種は主に4つで、120キロ前後の縦のスライダーと鋭く落ちるフォークに、チェンジアップ、90キロ台のカーブ。

特にスローカーブとの球速差は50キロ近くありますから、緩急で相手打者を翻弄しているのも納得です…!

これからの成長にも十分に伸びしろが感じられる投手だけに、2019のドラフトに注目しつつ、翁長佳辰投手の今後の活躍を追っていきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック