<2019ドラフト>

竹内龍臣(札幌創成)はドラフト注目|球速の急激な伸びで将来性抜群

札幌創成のエースとして2019夏の南北海道大会でも存在感を示した竹内龍臣投手。

最速147キロのストレートを武器とする本格派で、マウンドでの投げっぷりからは高い将来性を感じる右腕です。

全国的な知名度は現時点では高くないものの、ポテンシャルの高さは道内でもトップクラスの投手ですね!

プロ志望届も提出して2019ドラフトでの指名にも期待がかかる、札幌創成の竹内龍臣投手を特集してみました。

竹内龍臣は中学時代から才能の片鱗を見せていた

高校では北海道屈指の右腕に成長を遂げた竹内龍臣投手は、中学時代からピッチャーとしてプレーしていました。

小学時代の新川ウィーディスを経て、中学では軟式野球チームのJBC札幌に所属。

ストレートとスライダーのコンビネーションが見ものの右腕で、才能の片鱗を見せていました。

ただ当時は驚くほどの球速があったわけでもなく、高校で飛躍的に伸びた選手であることは間違いありませんね!

Sponsored Link

札幌創成・竹内龍臣は球速の伸びが凄い

ドラフトに注目が集まる竹内龍臣投手の武器は、何と言ってもストレートでしょう。

2年時には130キロ台中盤だった球速が、ひと冬越えた2019夏には147キロを投げる投手にまで成長しました。

ストレートの最速が14キロも伸びる急成長ぶりは本当に凄いことですよね…!


やや線が細かった竹内龍臣投手ですが、冬場のトレーニングによって体重15kg増の80kgにまで上がったとのこと。

綺麗な回転のボールを投げる投手ですし、これから上でトレーニングを積むことによって更に球速は伸びるでしょうね!

道内最速右腕として東海大札幌・小林珠維投手が話題になっている一方で、ドラフトでは竹内龍臣投手の動向からも目が離せません。

参考:小林珠維(東海大札幌)はドラフトで球速以上に評価されていいと思う

Sponsored Link

札幌創成・竹内龍臣はドラフトで指名されるべき

プロ志望届を提出し、ドラフトでの指名に期待がかかる竹内龍臣投手。

球威抜群のストレートを投げるほか、スライダーなどキレのある変化球も持ち合わせているピッチャーです。

変化球の精度など今後の課題も当然あるものの、堂々としたマウンドさばきからは高い将来性を感じました。


2019夏の南北海道大会では甲子園出場を決めた北照に敗れましたが、竹内龍臣投手はこれまでのピッチングで十分に実力を示してきたんですよね。

特に札幌創成ナインからの厚い信頼も随所に見てとれましたし、その真っ直ぐには球場の空気を変えるだけのインパクトがありました。

事実、投球を観た北海道の高校野球ファンの多くは、その実力に太鼓判を押していますから…!

今後の伸びしろにも大いに期待できる投手だと思いますし、どの球団が動くかが非常に楽しみですね。

札幌創成はこれから更に強くなるチームのため、竹内龍臣投手のドラフトでまた一段と盛り上がってくれることを期待しています!

夏の激闘を終えた際のコラムも好評のため、よかったら合わせて読んでみてください。

参考:札幌創成・大川賢吾主将は最後の夏を終えて笑った

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック